南三陸町の漁港へ

こんばんは、ogaです。2020年6月20日(土)、今日は少し風の強い予報でしたが、初めての漁港にメバル釣りへ。北上川河口を越えて南三陸町まで足を延ばしました。最初の漁港は規模が小さく、堤防の先端には先行者がいたので視察のみ。先端でも水深は3メートル強くらいで、うっすら海底が見えました。堤防も低く、雰囲気の良い釣れそうな、釣って楽しそうな漁港でした。

最初の漁港。地元の方は、ドンコとソイが良く釣れると教えていただきました。
波が高く、少し濁りが入っていました。牡鹿半島の西側の漁港と違い海藻は少なめです。

次に1キロほど隣りの漁港へ。こちらも先行者がいましたが、堤防が長かったので、今日はこちらで釣ることにします。

漁港内には小さな川が流れ込んでいました。まだ明るかったので川を上流に向かって歩いてみましたが、500メートルほど歩いたところで枯れていました。もう少し水量があれば鮎がいそうなんですが。

フグが何匹か川の中を泳いでいました。人が手を加えすぎな気がしますね。

18時55分頃から釣り開始です。気温は20度、表層水温は19度でした。良型ドンコを3匹釣っていたおじいさんが帰ったので、その場所で釣り始めます。1投目、根掛かりが怖いので中層を引いているといきなりヒット!素晴らしい引きの1匹でした(^^♪

19センチくらい。

続いて3投目にもヒット!明るいうちから釣れてくれるとうれしいですね(^^♪

これも良型。

この日のメバルはなぜか全部引きが強烈でした。(冬に比べ水温が高いため?)南三陸町はサイズが良いですね。

20センチオーバー。

テトラの際を引いたらかわいいムラソイが釣れてくれました。

これも良型。

いつもよりサイズが良いので、バッカンの中の魚を早めに逃がしました。

開始30分くらいで5匹。一度リリースしました。

その後、暗くなりさらに期待しましたが・・・。なぜかアタリはだんだんと減りました。それでもポツポツと良型メバルが釣れてくれます。

これも20センチオーバー。

あまり釣れなくなってからは、港内側も探ってみましたが、こちらはあちこち30分くらいキャストして、アタリが一度も無し。今日は全部、外海側で釣れました。

最後に22センチくらいの本日一番の良型が釣れたので、終了。

18時55分から20時30分までの釣果は、メバル 8匹、ムラソイ 1匹の合計9匹。数は少なめでしたが、引きが強いコンディションの良いメバルが釣れたので、非常に満足感の高い釣行となりました(^^) 良型メバルが釣れるお気に入りの漁港がひとつ増えました。

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です