雄勝町でメバリング

コストコでティラミスを買い、あまりのボリュームと〇〇さに後悔したogaです。ロテサリーチキンは美味しいです(^^)

2020年3月31日(火)、今日は南風で夜も暖かそうだったので、雄勝町にあるN漁港へ行ってきました。雄勝町での釣りは2度目です。前回(3/18)のリベンジはなるでしょうか(^-^; 

気温は開始時、終了時ともに10度、表層水温は9.5度でした。初めての場所なので、いつも通り漁港全体を歩いて観て、18時30分から漁港真ん中の明るい常夜灯の下で釣り開始です。

雄勝町N漁港。常夜灯が4つあり、明るく釣り易い漁港でした。釣り人は誰も居ません。
漁港の外側にも良い雰囲気のテトラがありました。水面から高さのない堤防は釣り易く、良い感じです。(この堤防では最後まで釣りませんでした)
18時18分頃撮影。日が長くなりましたね。ここで始めました。

開始して1投目からヒット!なにか引きがメバルと違うなーと思って上げると、20センチほどのウミタナゴでした(^^♪

ウミタナゴは常夜灯の明かりの下の表層を回遊しています。横に動くルアーには反応しませんが、止めて落とすと追ってきます。(30センチくらいのイカらしき生物も1匹だけ浮いていました)

2匹目。
3匹目。専門にエサで狙えば延べ竿でもたくさん釣れそうでした。

20メートルほど投げて海底をゆっくり探りますが、肝心のメバルのアタリはありません。浅い(3メートルくらい?)海底は砂利石と少しの海藻だけらしく、根掛かりはほとんどありませんでした。

1時間ほどして、ようやく本命のメバルがヒット。

18センチくらい。牡鹿半島より北側は平均サイズが大きいですね(^^♪

メバルのアタリがほとんど無いので奥の常夜灯へ移動します。20時に一度リリースしました。

ウミタナゴ4匹、メバル1匹。

奥の常夜灯周りにはウミタナゴはほとんど居ませんでした。水深も同じくらい。タックルを替えて少し遠めを探ります。するとヒット!コンディションの良いメバルが釣れました(^^♪

こちらの場所は、2~3投に一度はアタリがあります。次は濃い色のメバルが釣れました。

ルアーはいつものビームスティック(レモンイエロー)です。
これは17センチくらい。

試しに足元を探ると、小型のクロソイが釣れました。

大きく写っていますが17センチくらいです(^-^;

気が付くと小雨が降っていました。メバルは底付近でしかアタリませんが、釣れるのはしっかりとジグヘッドを飲んでいます。

最後に1匹と思い釣り上げたのがこれです。今日一番のサイズでした。

21センチのメバル。

ここで納竿。2020年3月31日(火)18時半から22時15分まで、本日の釣果は、メバル 8匹(17~21センチ)、クロソイ 1匹、ウミタナゴ 4匹でした。数は出ませんでしたが、サイズが良かったので楽しめた釣行でした。ゆっくりですが、海の中も春になってきているようです。

七ヶ浜町 松ケ浜漁港 2回目

今日は夕方5時から松ケ浜漁港へ。土曜日ということで釣り人がたくさん居ました。でも、ほとんど釣れていない様子・・・

今日は、昨日阿川沼で採り、活かしておいたヌマエビを使ってみます。2.7メートルの延べ竿に糸と針、ガン玉だけの脈釣りです。

フグがまず釣れました。続いてチダイの幼魚が2匹。

海タナゴ(クチボソ)も釣れました。

また最後にフグ。

暗くなったので納竿しました。

1時間の釣果は、チダイ 2匹、クチボソタナゴ 1匹、フグ 2匹でした。