奥松島大浜サーフへ

おはようございます、ogaです。2020年11月10日(火)、今日は早起きして珍しくサーフへ。どこに行こうか、経験も実績もないので迷いましたが、景色の良い奥松島へ行くことにしました。

現地着はもうかなり明るくなった6時20分。急いで準備して6時半に釣り開始です。気温4度、海は波、風も無く釣り易い朝でした。あっ、言い忘れましたが一応ヒラメ狙いです(^-^;

大浜漁港に隣接した小さなサーフです。思った以上に遠浅でした。

ルアーはDUOのハウル21g、リールのハンドル巻き数で計算すると、50〜60メートルくらい飛びました。で、5投目くらいに少し重くなり、ごみかなと思ったら・・・。

20センチくらいのイシガレイがスレで釣れました(^-^; サーフで魚を釣ったのは、たぶん初めてです(^^)

これは期待できるかも、と思いその後もキャストし続けますが、ごみしか掛かりません。そして20分後くらいにサーフの真ん中の何も無さそうなところで根掛かり(T_T)

PEとリーダーの結束部分で切れてしまいました。少し早いですが、午前中に仕事があるので今日はここで終了することに。6時半から7時まで30分の釣果は、イシガレイの子供 1匹(スレ)。でも天気が良く、気持ちの良い朝マヅメ釣行でした(^^)

北上漁港・小室でアイナメ2回目

こんばんは、ogaです。11月16日(土)、夜は寒くなりましたね。今日、帰り道の車の外気温計は3度でした。でも年をとって、若い時ほど寒さに敏感ではなくなったような気がします(^-^;

今日は長男の希望で、午後から北上漁港・小室へ。イワシをサビキで釣りたい、と言われ、サビキ仕掛けとアイナメの仕掛けを持って出かけました。釣り場到着は、15時30分。前回のサビキ釣りのおじさんたちはいませんでした。魚も見えなかったため、前回気になっていた反対側の堤防に行ってみました。

前回と反対側の堤防で釣り開始。

しかし、こちらは水深が浅いようで、先端付近でも水深4~5メートルくらいの海底がはっきり見えます。穴釣りに良さそうに見えたテトラポットも水深1メートルちょっと。小型のウミタナゴとフグしか見えません。一応ちょい投げで探ってみましたがアタリがないため、20分ほどで諦めて、先日の堤防に逆戻りです。夕方の貴重な時間をロスしました(T_T)

前回、イワシが大量に釣れていた場所で釣りを再開します。しかし、サビキ釣りに反応がありません。ちょい投げは、ハゼが1匹だけ釣れました。そうして暗くなり、群れが来たのか、5分ほどの間に小アジが3匹釣れました。そこでまたアタリが止まります。

近くの常夜灯がある下で二人の釣り人がサビキ釣りをしていて、何か釣れているようでした。まだ場所は空いていたので、声を掛け、そちらに入れさせていただきました。

しかし、サビキ釣りは、こちらでもアタリ無し・・・。でも足元に落としておいたルアー竿にアタリがあり、20センチくらいのマコガレイが釣れました。

その後も、ちょい投げのルアー竿には、ドンコ、ハゼ、アイナメ、またカレイ、最後にヒトデ(^-^;など18時15分くらいまで、ぽつぽつと釣れました。

ドンコ
20センチくらいの小さいアイナメ。
マコガレイ2匹目。

アイナメ狙いといいながら、途中からハリを袖針7号に替えたのが良かったようです(^-^;

左下の丸は、印ではなく輪ゴムです。紛らわしくてごめんなさい。

本日の釣果は、アイナメ 1匹、マコガレイ 2匹、ハゼ 2匹、マアジ 3匹、ドンコ 1匹でした。