追波川、バチ抜けシーバス釣行

こんばんは、ogaです。2021年10月22日(金)、バチ抜けを期待して追波川(北上川)へ。アシ原の広がる中流の左岸に入る予定でしたが、駐車場には既に車が8台・・・。この場所を諦め、さらに10キロ以上走り、違うポイントに入りました。

登米観測所データで水温14.2度、濁度4.0度、気温13度(終了時11度)、北風、風は微風〜1メートルくらいでした。大潮4日目の最終日(15時45分頃に満潮からの下げ潮狙い)です。

田んぼには、白鳥がたくさん飛来していました。

16時50分頃から釣り開始。しかし明るいうちはアタリがありません。薄暗くなると小さいライズ(たぶんウグイ?)が起こり始めました。そしてすぐに水深50センチくらいの浅場で、この日最初のヒット!しかし、少し力が掛かったところでスッと軽くなりライン切れ。PEとリーダーの結束部が解けていました(T_T) これから短時間勝負なのに、いきなりラインの結び直しで10分以上時間をロスしました。(準備が完璧でないとダメですね) 失ったルアーは、バチ抜けに合わせて購入していた「マニック95」、「アルデンテ」同様、水面に波紋を作り良い感じに泳ぐルアーでした。

ラインを入念に組んで、リーダーをフロロ3号からナイロン3号に交換(フロロより伸びがありバレにくい?ことと、しなやかで吸い込み易いことを期待して試してみました。)。最初の1匹目は55センチくらいの元気の良いシーバスでした。水深1メートルもない浅場でヒットしました。

17:24 1匹目 にょろにょろ105で。

バチは前回よりたくさん抜けています。シーバスの「バフッ」というボイル音もあちこちで聞こえるようになってきました。年甲斐も無くドキドキが止まりません! (^-^;

水面を照らすと寄ってきます。

バチのサイズに合わせて、ルアーを「にょろにょろ85」の黄色系に交換しますが、これは期待に反して、さっぱりアタリがありません。スレでイナッコが掛かったと思い回収すると、小さなマハゼが食いついていました(^-^;

2匹目⁈ ちゃんと口にハリが掛かっていました(^-^; にょろにょろ85の黄色(クリア系)で。

黄色系が不調なので、また「にょろにょろ105(赤系)」に戻すと、アタリが復活します。けっこう色は見分けられているようです。

2匹目 まわりにバチがたくさん泳いでいます。

3匹目は、良く太ったコンディションが良い魚が釣れました。1匹持ち帰れと、かみさんから指令がくだっていたので血抜きしてキープします。

18:03 3匹目

魚を血抜き処理し、再開の1投目でまたヒット。新しく購入した「にょろにょろ105」良く釣れます(^^♪ ※にょろにょろ105は、今まで5本ほど購入し、すべて無くなったので、この1本を購入しました。もちろん、中古です・・・。

18:07 4匹目は連続ヒット! キープした3匹目と一緒に撮影。
5匹目
6匹目 岸まで戻るのが、時間がもったいないので水面で撮影。

水深が1メートル弱の場所が多く、「にょろにょろ」でも底をすることが多いので、より表層を引ける「アルデンテ95S」や「ジグザグベイト」を投げてみますが、やはり極端にアタリが少なくなります。

19時近くになると、少し風が出てきて波が立ち、ボイルが無くなりました。近くに魚の気配が少なくなったので場所を移動し、サイズアップを狙って遠投の効く「にょろにょろ125」に交換しますが、なぜかサイズダウン!

18:58 7匹目 125サイズは、遠投できますが、少し沈む速度が速いので根掛かり注意です。
19:04 8匹目 体高の高いきれいな魚でした。

ここで60センチオーバー確実の良型をヒットしましたが、足元に寄せたところでバラシ。フックが伸びて開いていました。

19:10 9匹目 「にょろにょろ125」のレッドヘッドに交換もサイズアップせず。
19:14 10匹目

アタリが多いので、ペンシルベイトの「サミー110」も試しますが、さすがにこれは不発。息子に誕生日祝いで買ってもらった「ワンダー80」を投げると、すぐにヒット!小型ですがうれしい1匹でした(^^)

19:30 11匹目 ワンダー80のグリーンチャートで。

「ワンダー80」は、フックが細軸ですぐ伸びますね。2匹釣り上げて、前後の針が二つとも開きました(T_T) 次回までに要交換です。

19:35 12匹目 ワンダー80で2匹目。

次のルアーは、一発大物ねらいでボリュームのある「ストロングアサシン125Fフラッシュブースト」(名前が長い!)。なかなかアタリがありませんでしたが、足元でついにヒット!

なぜか、本日最小の30センチちょっとのシーバスでした・・・(T_T) 

19:45 13匹目 ストロングアサシン125Fで。なぜかこの日最小サイズ。

しばらく、場所を移動しながら「ストロングアサシン」を投げ続けましたが、アタリ無し。「にょろにょろ125」のグリーン系に交換し遠投すると、今日一番の魚がヒット!流れに乗った重い引きで65センチの良型が釣れてくれました。

20:05 最後14匹目 良い型が釣れたので納竿しました。

潮が引き、川の流れが速くなりアタリが無くなったので、20時半くらいに納竿しました。

バラシは5回以上ありましたが、いろいろなことを試すことができ、充実した釣行でした。最初のライントラブルと、魚の撮影時間を短くできれば20匹以上釣れていたと思います。

追波川の豊かな自然に感謝です(^^♪

追波川、バチ抜けシーバス釣行

こんばんは、ogaです。

2021年10月8日(金)、秋の大潮後の中潮1日目ということで、もしかしたらバチ抜けがあるかと思い追波川へ。気温20度(終了時19度)、海からの風(2〜4メートル)、中潮(満潮17時からの下げ潮)、登米観測所データで水温18.5度、濁度3.0度でした。

バチ抜けシーズン初めのころは、川の上流からバチが抜け始めるらしいので、河口から10キロ以上遡った左岸のアシ原ポイントに入ってみました。追波川の左岸で釣りをするのは初めてです。途中、シーバス狙いと思われる釣り人、車を多数見かけました。皆さん狙いは同じようです(^-^;

初めての場所なので、まだ明るい17時にアシの小道をかき分けてポイントに到着。満潮時間のため、アシ際先端で水深1メートルくらいありぎりぎりウェーディングできました(^^)

明るい時間は、アシ際で小さなアタリが一度あったのみ。こんな場所なので簡単に移動ができず、暗くなるまで我慢です。

17:55頃、ルアー交換の際に水面をライトで照らすとバチ(ゴカイなどの多毛類)を発見。光に寄ってくるようですね。大きいのは10センチ以上ありました。ただ、入ったポイントは流れがあり、バチが見えるのはアシ際の流れが無いところのみ。もっと一帯が流れの無いワンド状の場所のほうが、さらに良いポイントなのかもしれません。

「ジグザグベイト」、「にょろにょろ125」に小さいアタリがあったものの掛からず、バチに合わせてサイズを落とした「にょろにょろ105」で18時5分に初ヒット!とても元気なシーバスが釣れてくれました(^^♪

60センチくらいあるかと思いましたが、写真で確認すると57センチくらいですね。きれいな魚でした。

連続ヒットを期待しましたが、この後1時間アタリ無し。たまに捕食音は有るので魚は居るようなのですが・・・。

1時間後、ようやく2匹目がヒット!ルアーは、「アルデンテ95」でした。54センチくらいのシーバスですが、少し痩せていました。

アルデンテは根掛かりで失いたくないので、他のルアーを使い根掛かりが無いことを確認してから投入します(^^)

この後、20時まで粘りましたが、小さい魚を1回バラシたのと、下の写真のマルタウグイのみ。

シーバスではなく、マルタウグイでした!50センチくらいありました。

釣果は2匹のみでしたが、最近多かったセッパサイズではなく、フッコサイズだったので十分楽しめました。帰り際に駐車場でお話しさせていただいた釣り人は、小型がたくさん釣れたとおっしゃっていたので、ogaの腕が良ければもっと釣れたと思います。後、アシ原は移動がし辛いので、入る場所が大切ですね。

追波川(北上川)河口シーバス、大物バラシ・・・

おはようございます、ogaです。昨日(2021年9月27日)、夕方から追波川へ。最近、釣果の無いシーバス狙いです(^-^;

気温19度(終了時15度)、中潮(18時満潮からの下げ潮狙い)、風は1〜2メートルくらいでした。夕方6時の登米観測所データで、水温20.7度、濁度3.0度でした。いつもは平日でも釣り人の車が数台は必ずあるのですが、最近釣れていないのか、この日は無し。釣り終了の最後まで釣り人に会いませんでした。(対岸には数名釣り人がいました。)

17時半頃現地着。準備をして17:45頃釣り開始です。

夕マヅメは海側で、ハウル、メタルジグを遠投して探っていきますが、大遠投したメタルジグに一度掛かったもののバラシ。たぶんサバだと思います。

その後、川の流れのある場所でいろいろなルアーを投げますが、反応がありません。シーバスのライズ、ボイルも無し。岸辺の浅場にはハゼとイナッコがたくさん確認できましたが、シーバスの気配がありません。

20時をになった時、「アルデンテ95S」にゴン!と当たりましたが、フッキングせず。たぶん30センチくらいの小物だと思います。そして20時20分くらいにようやく初ヒット!大きくはありませんでしたが、コンディションの良いきれいな魚が釣れてくれました(^^)

ヒットルアーはアルデンテ95S。無くすのが怖くてあまり使用時間は長くありませんが、釣れます。

銀ピカのきれいなシーバスで、サイズは55センチくらい。ボーズにならず、ホッとしました。

この後、リリースしました。

この後、かなり流れのあるポイントで大きい魚を掛けたのですが、30秒くらいやり取りして、姿を見る前に針が外れて逃げられてしまいました。スレでなければ、80センチ以上ありそうな引きでした。残念。悔しくて22時半まで続けましたが、その後はアタリ無し。にょろにょろやジグザグベイト、ストロングアサシンをたくさん投げましたが、ヒット3回はすべてアルデンテでした。色、サイズも関係しているのかな?