牡鹿半島東部の漁港でメバル釣り

おはようございます、ogaです。昨日(2022年4月20日(水))、牡鹿半島の東部にある漁港へ。道中、桜が満開、帰り道、鹿多数でした(^^) (今年は狐を良く見ます。今年になって5回見ました。)

気温12度(納竿時9度)、水温9度(昨年同日にも釣りに来ていて、その時の水温は11度でした)、大潮の後の中潮3日目(18:50満潮からのゆるやかな下げ潮)で期待できます。

19:20に漁港に到着。19:30釣り開始です。常夜灯の下には5センチくらい小魚(カタクチイワシ?)の小さな群れと数匹のメバルが見えます。透明度は2メートルくらいで少し濁りあり。

いつもはキャロシンカーを使うことが多いのですが、昨日は最初、ジグ単を使ってみました。2回アタリがあった後、開始10分後にヒット!20センチ弱の元気なメバルが釣れてくれました。

ダートタイプの2.5gジグヘッドにマナティーで。

バケツに海水を汲むときに水温を測定。水温は9度でした。(半島の西部ではこれより1〜2度ほど高いようです。)

この日はアタリはあるものの小さいアタリが多く、なかなか釣れません。仕方ないので、2g尺ヘッドにガルプ サンドワーム2インチへ交換。堤防の足元を探るとチビクロソイがヒットしました。

この漁港に多い15センチくらいのクロソイでした。

釣れた時に、3センチくらいの小魚を吐き出しました。ハク(ボラの稚魚)でしょうか?

ガルプも反応がイマイチ、ソードビームのクリアで良いサイズが掛かりましたが、藻に潜られバラシ!引きもだんだん強くなってきたので、あまり遊ばせてはダメですね。

夜11時を過ぎたくらいから風が弱まり、小さなサイズですがメバルがライズするようになりました。フロートでビームフィッシュ1.5インチを漂わせると10〜15センチクラスがパタパタと釣れます。

ライズの見える常夜灯の明かりの範囲では小さいメバルしか釣れてこないため、暗く水深も3〜4メートルくらいある場所に投げてみると、20センチのメバルが釣れてくれました。夜12時にようやくこの日の正解(?)を見つけました!

①ダートの速い動き(ダメ)⇒②重めのジグヘッドにサンドワームのゆっくりした動き(重さに違和感を感じるのか、アタリはあるが喰い込まず)⇒③キャロシンカーで底層をゆっくり(イマイチ)⇒④フロート(◎当たり) という流れでした。(ogaに、これ以外の引き出しはありませんが(^-^;)

常夜灯の明かりの届く外側、水深があり伸びた海藻が数本確認できる周辺で釣れることはわかったのですが・・・かみさんから「いつまで釣ってんだ。とっとと帰れ!」の愛情あふれる電話があり。

ソードビームで。

電話の後、3投で2匹キャッチできましたが、それがこの日の大きさ 1位、2位でした。(Max 22センチ弱くらいですが)

バケツはずっと水中に入れていたので魚は元気でしたが、バケツの上げ下げで疲れました。19:30〜24:20、本日の釣果は、メバル 17匹、クロソイ 5匹でした。長時間釣りをした割にはさびしい釣果ですが、最後に釣れたので満足度の高い釣行となりました。

牡鹿半島をウロウロ

おはようございます、ogaです。昨日(2022年3月25日(金))は、夕方から牡鹿半島へ。まだ海水温は低いようなので、比較的水温の高い半島西部の漁港を目指しました。

気温7度(終了時5度)、(15時最干潮からの緩やかな上げ潮狙い)、風はかなりの強風(5メートルくらい)でした。

最初の漁港は風が強く、竿を出すことなく近くの風裏の漁港へ。堤防の根元から先端まで少しづつ移動しながら中層、底付近と探っていきますがアタリがありません・・・

浅い海藻のあるポイントで小さいアタリが何回かあり、ようやくヒット。小さいメバルが釣れてくれました。夜光虫が発生していてこの漁港は渋そうだったので、また移動。今度は20キロ離れた半島東部の漁港へ。

20:00 ようやく1匹! そのままリリースしました。

こちらの漁港では常夜灯の下に先行者が2名。いつもより白く濁りがあったので北上川の雪代の影響があったのかもしれません。最初は浅い場所でチビクロソイを狙いましたがアタリ無し。水深3メートルくらいの海藻のあるポイントで小型が喰ってきてくれました。中層引きではアタリが無く、底をゆっくり引いてくるとアタリはありますが、食いが浅くなかなか針がかりしません(T_T)

水温は7度。まだまだ低いですね。釣れてくる魚もぜんぜん引きません。

小さいメバルをもう一匹追加し、1時間後、ようやく少し良いサイズが釣れました。

熟成アクアで釣れました。
22センチくらい

22時45分くらいまでがんばったのですが、後が続かず終了。本日の釣果は、メバル 4匹でした。労力に合わない釣果でした(^^)

女川港から霧のK漁港へ

こんにちは、ogaです。2022年3月14日(月)、昨夜は女川港へメバル狙いで行ってきました。気温5度、中潮、強風(北東の風で風速5メートルくらい)、22時半くらいから南側の岸壁で釣り開始です。

しかし、アタリが少なく、1時間ほどで小さいアタリが2回のみ。湾奥に移動しますが、こちらはさらに渋く、アタリすらありません(T_T)

次は女川港内にある石浜漁港へ。このころから風は弱くなり、霧雨になりました。釣り人がいたので、話しを伺うとメバルが1匹のみ、とのこと。石浜漁港で釣りをするのは初めてでしたが、水深があり、流れもありましたが、ここも私はアタリ無し・・・。

K漁港に移動しました。(ここは釣れないことも多いですが、昨年4月に一度爆釣した漁港です) 

常夜灯の下にはカタクチイワシ?、ウミタナゴ? 8センチくらいの魚の群れが見えます。しかし、ここではアタリが無く、堤防に移動。先行者に釣果を聞くと、メバルが2匹とのこと、風も止み、集中できそうです(^-^;

水深5~6メートルくらいの場所で、少しづつ場所を変えながら海底付近をゆっくり引いているとヒット!けっこう良い引きでしたが直後にフッと軽くなりバラシ。リーダーが切れていました。たぶんラインにキズが付いていたんだと思います。

そして少し離れた場所で、またヒット!今度は慎重にやり取りして無事キャッチしました。

午前1時半、ガルプのサンドワームで!
22.5センチくらいかな?

一匹キャッチできて、ホッとしました(^^) たぶんリリースしますが一応キープ。その時、水温を計りましたが、6.1度くらいでした。やはり半島より北側は、まだまだ水温が低いですね。

15分後に2匹目。少しサイズダウン。水温が低いせいか、この時期のメバルは引きも弱めです。

20センチくらい。でも、うれしい2匹目。

満潮の潮止まり付近でアタリが遠のきましたが、最後に19センチくらいのメバルを1匹追加(ワームは熟成アクア)して深夜2時半くらいに納竿しました。