奥松島 大浜漁港3回目

2020年1月23日(木)、今日は小雨でしたが、夕方から宮戸島の大浜漁港へ。気温は3度、風は微風、表層水温は8度でした。(この前、室浜漁港では7.5度だったので、なぜか少しだけ暖かいようです)

17時に到着。釣り人の姿はありません。水は少し濁りがあり、不安になります。

いつもは水深1.5メートルくらいなので海底がはっきり見えるのですが、今日は濁りがあり見えません。

暗くなるまで港の奥の海藻周りを探ってみますが、アタリ無し・・・。冬はどうも暗くなるまでアタリが無いようです。

そして多少濁りのあるなかでも1匹が釣れてくれました(^^)

ちょっとピンボケですが(^-^;

その後も、足元、藻の周辺、テトラの周りでポツポツと釣れてくれました。濁りは関係なかったようです。

18センチくらいの少し良いサイズ(^^)
塩釜港より少し平均サイズが良いので楽しいです。

20時少し前に帰ろうと思い撮影。この時、15匹でした。

大きめ2匹を血抜きして、残りはリリース。血抜きしている間に周囲にキャストすると、3匹釣れました(+_+)  しかも最後の1匹は、22センチ!( ゚Д゚)

少し痩せていましたが、うれしいサイズ。産卵後なのかな?

17時から20時まで、最終的な本日の釣果はメバル 18匹でした。今までこの季節に釣りをすることは無かったんですが、けっこう釣れてくれて驚きました(^^♪

一般的に「メバル」と呼ばれる魚は、クロメバル、アカメバル、シロメバルの3種に分けられるそうです。3種の判別は胸鰭(むなびれ)の軟条数で見分けます。今日持ち帰った魚の軟条数を数えてみたところ、17本でした。胸鰭軟条はクロは16本、アカは15本、シロは17本の事が多いということなので、この魚はどうやらシロメバルのようです。

奥松島 大浜漁港2回目

少し夕方から風が強くなる予報でしたが、天気が良かったので奥松島の月浜漁港、大浜漁港にメバル狙いで出かけてみました。2020年1月16日(木)、気温は5度、表層水温は8.5度でした。

最初は月浜漁港。今日は工事をしていなかったので堤防に入ることができました。堤防の内側は新しいテトラを大量に敷いていて魚が住み着くには数年かかりそうな状態でした。外海側の古いテトラの上から少し投げて探ってみましたがアタリなし・・・(T_T) 20分ほどで月浜漁港はあきらめて隣りの大浜漁港に移動します。

月浜漁港。新しいテトラを敷く工事をしています。アイナメ狙いのおじさんがいましたが、釣れていない、とのことでした。

大浜漁港では17時から釣り開始。

堤防の際を落とし込みで探っていきますが、たまに小さなアタリがあるだけでヒットしません。だんだん風が強くなり寒くなってきました。長い堤防の先端まで探りましたがノーヒットのまま・・・(T_T)

もう一度戻りながら探っていると足元でヒット! 良い型のメバルがやっと釣れました(^^♪

20センチくらいのちょっと良い型でした。

その後、エサが無くなったのでワーム(ビームスティック)に交換し、すぐテトラの脇で2匹目。

しかし、後が続かず・・・。風も強くなってきたので終了しました。寒い中、我慢して釣っていたので、19時か20時くらいだと思ってましたが、時間を見たら18時15分でした(^-^;

大浜漁港、17時から18時15分までの釣果は、メバル 2匹でした。それでも良い型のメバルが釣れてくれたので奥松島はやはり良いところですね(^^♪

奥松島 里浜漁港、松ヶ島漁港

今日は、ハゼ釣りの新規開拓で奥松島、宮戸島にある里浜漁港に行ってきました。

河口はどこも濁っているので、川水の濁りの影響が少ないと思われる奥松島にしたのですが、濁りは少しありました。

カキがたくさん見えます。根掛かりします・・・

里浜漁港で釣りをするのは初めてです。小さい堤防が二つあり、手前の堤防から釣り始めました。いつものルアー竿に1号オモリ、1本針仕掛けです。

堤防は、2~3メートル先まで石が敷いてあり、そこにカキ殻がびっしり付いています。軽く5メートルくらい投げてカケアガリを引いてくると、すぐに仕掛けが引っ掛かります(T_T) 最初の一匹目はカニ・・・イソガニかな、初めて釣りました。10メートルくらい投げると、砂か泥の底になるらしく、根掛かりはありません。でもアタリもありません・・・

根掛かりが多いので、堤防から船着き場に移動。係留された船の間を探っていきます。ここでは、足元でダボハゼ。

鋭いアタリがありチンチン(クロダイの幼魚)も釣れました。

そしてまたダボハゼ。釣り場を移動しようか考えていると、やっとマハゼが一匹釣れました。でも、この場所はあまり期待できないので移動します。

里浜漁港に入る直前の道路の反対側に小さな入り江があり、ボラの子供が跳ねていました。ここを探ってみます。

波のない静かな入江です。ボラの子が跳ねています。

水深は1メートルくらい、水はあまり動いていない様子・・・。案の定、こいつが釣れてきました(^-^;

その後、入り江と湾を結ぶ水路に移動し、フグとダボハゼ×2。

ここも諦めます。

地元の方と思われるハゼ釣りに来ていた方に話しを聞きました。「ここ(里浜)は土日になると釣り人たくさん来るけど、みんな釣れねんだ-。ここ魚あんま居ねんだ-」と(^-^;

ラストに15分だけと思い、帰り道の途中、松ヶ島漁港に車を止めます。港の写真を撮るのも忘れ、第一投。一投目からマハゼが釣れました(^^)

二投目は、イシガニ。

またしばらくしてイシガニもう一匹。

そのあと、30センチ弱のセッパらしき魚をバラし・・・、最後にメバルを釣って、暗くなったので納竿。

15時半から17時半まで。イソガニ、ダボハゼ、マハゼ 2匹、チンチン、イシガニ 2匹、メバルとカニを合わせると6目釣り達成しました(^-^;