高城川でハゼ釣り

こんばんは、ogaです。2020年10月20日(火)、夕方から松島町の高城川へハゼ釣りへ。釣り場に到着すると、ちょうどハゼ釣りを終えた釣り人がいたので、釣果を聞きましたが、「ぜんぜんダメ」と。開始前から少し不安になります。

風は無く、気温も18度と絶好の釣り日和でした(^^♪

今日は、2.7メートルの延べ竿に袖針9号、3Bのガン玉を付けたシンプルな仕掛けです。

アシ際の浅いところはアタリ無し。少し深い水深1メートルくらいのところでアタリがあり、早速本命が釣れてくれました(^^)

その後もポツポツとマハゼが釣れてきます。昨年より平均サイズが大きく、10センチ以下はほとんど釣れませんでした。ただ、数は昨年より少ないようで、同じ場所で2匹も釣るとアタリが遠のきます。短い延べ竿よりルアー竿で広範囲を探ったほうが数が狙えたかもしれません。

スズキの幼魚も1匹釣れました。

最大は20センチ。

暗くなったところで納竿。16時15分から17時45分までの釣果は、マハゼ 12匹、スズキの幼魚 1匹でした。岸際だけでなく、深いところでもアタリがかなりあったので、ちょい投げできるともっと数が釣れそうでした。ハゼは持ち帰り、明日、天ぷらにします(^^♪

松島町名籠漁港⇒高城川ハゼ釣り

ハゼ釣り新規開拓は、名籠漁港へ行って来ました。手樽海浜公園の先にある小さな漁港です。

カキむき場のある小さな堤防で、働いていたおじさんに一声かけて釣り開始。カキむき場の排水まわりを攻めますが、ダボハゼが釣れたのみでした。

そこから投げて広く探ってみましたが、根掛かりはないものの、アタリも少ししかありません。結局、名籠漁港では1時間ほど釣りをして、小さなマハゼ 2匹、ダボハゼ 3匹のみでした。

次に行ったのは、高城川。

いつものアシ際から釣りますが、なかなかアタリがありません。つないである船の間で1匹、川の中央に30メートルほど投げて1匹。

高城川でも1時間ほど移動しながら釣ってマハゼ 2匹、ダボハゼ 2匹でした。

極小ダボハゼが釣れました。

先日の砂押川では感じなかったのですが、高城川では明らかに浅い場所に魚が居ませんでした。水温の低下とともに、ハゼは徐々に深場に移っているのかもしれません。

松島町 磯崎漁港 ハゼ釣り

朝、まだ行ったことの無い、七ヶ浜町の波多崎という有名なポイントを目指し、現場近くをうろうろしましたが、結局行き方がわかりませんでした(T_T) 横の吉田浜ではルアーマンが4名ほどヒラメを狙っていました。

左側奥に見えるのが波多崎です。上から行こうと道を探しましたが、見つけられず・・・。あの崖を登るのかな?

午後は、ハゼ釣り場の新規開拓で、高城川河口の近くにある磯崎漁港へ。海なので大きな濁りはないはず、と期待して行ったのですが、とても濁っていました・・・。港の一番端側で釣り開始。

奥に見える橋から、埋め立て島に行けるのですが、「釣り人進入禁止」の看板があり断念しました。

一投目からダボハゼ。2投目もダボハゼ。結局10分間で4匹のダボハゼしか釣れず、このポイントを諦めます。

高城川のいつもの橋の上流ポイントに移動。ちょうど満潮から干潮になるタイミングだったので川は勢いよく流れています。流心側はオモリが転がるばかりで釣りにならず。アシ際も濁りがきつくアタリがありません。

ここは、支流です。底が浅くダメでした。カメが泳いでいました。

いろいろ歩いて、最後アシ際の水が緩んでいる浅瀬でやっと本命のマハゼゲット!

同じポイントで、もう1匹。岸から50センチくらいの場所で、水深も50センチ無いくらいの場所でした。付近をさらに探りましたが、その後はアタリ無し・・・。

今日は、マハゼ 2匹でした。昨日の七北田川よりはるかに濁りの強かった高城川。回復には、まだまだ時間がかかりそうです。