塩釜港で夕マヅメにアイナメ釣り

2020年1月6日(月)、塩釜港へ。今年2回目の釣行です。子供がまだ冬休みのため、せがまれて一緒に行きました。明るいうちに到着して夕マヅメの短時間勝負です。

暗くなる前の16時40分ころから釣り開始。気温は5度、表層水温は6度でした。風は少しありました。釣り開始から数分は子供も一緒に外にいましたが、すぐに車の中へ(^-^;

際に落とし込んで底近くでゴツゴツとアタリ。幸先よく、今年の初魚(アイナメ)が釣れてくれました。

23センチくらいのアイナメでした。

その後も期待して際を落とし込みで探っていきますが、なかなかアタリがありません。風も開始時より強く吹くようになり、糸があおられて釣りづらい状況です。そんな中、アイナメが釣れた10メートルほど横に移動したところでコッと小さなアタリ。引きが弱く、小さいメバルかなと思ったら18センチくらいのマハゼでした。

ここで予想通り子供が帰りたいと騒ぎだし、こちらも寒くなってきたので納竿。時計をみたら、まだ17時40分でした。結局、1時間の釣果は、アイナメ 1匹、マハゼ 1匹の計2匹のみ。水温も下がってきたので、次回は同じ塩釜港でも、もう少し水深のあるところへ行ってみたいと思います。

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です