奥松島 室浜漁港で夜メバル

2020年1月19日(日)、今日は風が弱い予報だったので、家族の許しを得て夕方から奥松島へ。どこの行こうか迷いましたが、ブログ的には新しいところが良いかな、と考え室浜漁港へ行くことにしました。

17時15分に現地着。気温は4度、表層水温は7.5度くらいでした。水温がかなり低く釣れるか心配です。また写真のように外洋は大荒れ、しけで波が堤防にあたる音が鳴り響いていました。

堤防の間から白波が見えます。釣り人は5人くらい居ました。

外洋が荒れているためか、港内も濁りがすごく、ちぎれた海藻が湾奥は絨毯のように表層を覆っていました。上の写真の角の所から周囲を探っていきますが、流れがありうまく釣りができません。アタリも30分ほどまったく無し・・・(T_T)

少しでも濁りを避けるため港の一番奥の周辺、船の間を探っていきます。絡まる藻と格闘しながら、藻のないところに落とすと待望のヒット! 小型メバルが釣れてくれました。

ここでは、藻をよけて探るとポツポツとアタリがあり、数匹追加。

気をよくして、さらにサイズアップを狙い、今度は長い堤防の内側を先端に向けて探っていきました。しかし濁りが強いためか、そちらではアタリ無し。結局、元の場所に戻り足元と船の間でまた数匹追加しました。サイズはどれも10~12センチくらい。小さいサイズしかいないポイントだったようです。

17時15分から20時15分までの本日の釣果は、メバル 8匹でした。濁りと藻がなければ、もう少し数が釣れそうだったんですが・・・(^-^;

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です