奥松島 大浜漁港3回目

2020年1月23日(木)、今日は小雨でしたが、夕方から宮戸島の大浜漁港へ。気温は3度、風は微風、表層水温は8度でした。(この前、室浜漁港では7.5度だったので、なぜか少しだけ暖かいようです)

17時に到着。釣り人の姿はありません。水は少し濁りがあり、不安になります。

いつもは水深1.5メートルくらいなので海底がはっきり見えるのですが、今日は濁りがあり見えません。

暗くなるまで港の奥の海藻周りを探ってみますが、アタリ無し・・・。冬はどうも暗くなるまでアタリが無いようです。

そして多少濁りのあるなかでも1匹が釣れてくれました(^^)

ちょっとピンボケですが(^-^;

その後も、足元、藻の周辺、テトラの周りでポツポツと釣れてくれました。濁りは関係なかったようです。

18センチくらいの少し良いサイズ(^^)
塩釜港より少し平均サイズが良いので楽しいです。

20時少し前に帰ろうと思い撮影。この時、15匹でした。

大きめ2匹を血抜きして、残りはリリース。血抜きしている間に周囲にキャストすると、3匹釣れました(+_+)  しかも最後の1匹は、22センチ!( ゚Д゚)

少し痩せていましたが、うれしいサイズ。産卵後なのかな?

17時から20時まで、最終的な本日の釣果はメバル 18匹でした。今までこの季節に釣りをすることは無かったんですが、けっこう釣れてくれて驚きました(^^♪

一般的に「メバル」と呼ばれる魚は、クロメバル、アカメバル、シロメバルの3種に分けられるそうです。3種の判別は胸鰭(むなびれ)の軟条数で見分けます。今日持ち帰った魚の軟条数を数えてみたところ、17本でした。胸鰭軟条はクロは16本、アカは15本、シロは17本の事が多いということなので、この魚はどうやらシロメバルのようです。

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です