雨の後の塩釜港アイナメ釣り

2020年1月30日(木)、前日に雨がかなり降りましたが塩釜港にアイナメ釣りに行ってみました。気温7度、表層水温も7度でした。今日は塩釜仲卸市場前で16時半から釣り開始です。

この時は風はありませんでしたが、後から強く吹いてきました。

水深は5メートルくらいあります。釣り人は誰もいません。際を落としこみで探っていきますが、まったくアタリ無し。1時間かけて端から端まで丁寧に探りましたが、結局一度もアタリすらありませんでした(^-^;

で、いつものポイントへ移動。湾奥は雨による塩分濃度の低下と川からの濁りが心配でしたが、透明度は仲卸市場前とそれほど変わりはありませんでした。

こちらでもアタリは少なく、20分後にアタリがあり、小型ですがまず1匹。

その後もポツポツと釣れました。

これは、ちょっと良いサイズでした(^^♪
この日の最大魚。ちょっと太ったよいコンディションの魚でした。

風が強く釣りづらい状況でしたが、帰ろうかな、と思うと釣れるのでなかなか帰れません(^-^; 今日は、メバルやハゼの活性は低かったらしく、アイナメ以外はアタリすらありませんでした。アタリの数=アイナメの釣れた数でした。

最大で31センチでしたが、引きが強く楽しめました。本日16時半から19時半までの釣果は、アイナメ 6匹、明日は、1匹持ち帰った魚の胃の中身を公開します(^^)

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です