牡鹿半島へメバルを釣りに

こんばんは、ogaです。2020年5月15日(金)、コロナウイルスによる外出自粛で、しばらく釣りに行っていませんでしたが、本日久しぶりに夕方から牡鹿半島へ行ってきました。

最初は、初めての場所、月浜漁港へ。

釣り人は居ませんでした。

港内には小さなメバルの仔魚、リュウグウハゼ、イシガニなどが見えました。港内は波もなく穏やかですが、堤防先端は少し強めの風が吹き、波もたっていました。

少し濁りがあり、透明度は3メートル弱くらいでした。
水温が上がり、海底の泥の中で越冬していたイシガニも動き出したようです。

雰囲気はよさそうな漁港だったのですが、堤防先端の風が気になり違う漁港にいってみることに。8キロメートルほど移動します。ここも初めての漁港。

写真の通り、先程の月浦漁港よりさらに風の影響を強く受けていました(^-^;  もう時間が18時を過ぎていたので、ここで釣りをすることに。

18時10分ころから釣り開始。気温16度、表層水温も16度ありました。波の影響で、どこに海藻があるのか見えづらく、すぐ海藻がかかります。でも2投目で小さなメバルがヒット!久しぶりのメバルです。

その後も一投ごとにアタリはありますが、サイズが小さいのか、なかなかフッキングしません。釣れても10センチ前後です(T_T) 

風が強く、油断して薄着で釣りに来たので体が冷えてきました。準備がちゃんとしていないとダメですね。ここは小型だけかな、と思いながら巻いていると引き上げる寸前に魚がアタックして来ました。

遠近法で大きそうに写っていますが・・・(^-^; きれいなメバルでした。
21センチくらいです(^^♪ いつものビームスティックでした。

ここで一度リリース。1時間で9匹でした。

この後、車の前に移動し、2匹チビメバルを追加し、その場でリリース。次は、帰り道の途中で、桃浦漁港に行ってみました。港内は、投げ釣りの人が10人くらいいました。アナゴ?、カレイでしょうか?

桃浦漁港。

人が居ない常夜灯のところで釣ってみましたが、2~3投に一度小さなアタリがあるくらいでなかなかヒットしません。2回バラし、ようやく小型メバルが釣れました。

黒ネコに1匹あげました。その場でバリバリ食べていました。

ここでは20分くらいでチビメバル2匹のみ。風が少し弱くなると、ライズする魚もおり、表層でアタリがでました。

本日の釣果は、メバル 13匹だけでした。それでも、久しぶりにきれいなメバルに会えて心が癒されました(^^)

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です