夏の夜はイシガニ獲り

こんばんは、ogaです。今日は夕食後、今季初のタモ網を使ったイシガニ獲りへ。雨の影響による濁りが比較的少なそうな塩釜港へ行きました。

本当はまがき港と市場の間の岸壁に入りたかったのですが、夜釣りの人が多く断念。比較的人の少なかったマルハニチロ物流センター前で20時半からカニ獲り開始です。

イシガニは岸壁にはりついているので、ライトで見つけて網で掬います。

すぐにイシガニ発見! しかしひさしぶりの網さばきがなかなかうまくいかず、4匹連続で逃げられました・・・(T_T)

こんな感じに見つかります。浅いところにたくさんいます。

岸壁をライトで照らすと小さなメバルやナマコ、フグなどもいて飽きません。たまにガザミ(ワタリガニ)が水面を泳いでいることもあります。

ここで注意すべき点を2つ。ひとつ目は、ライフジャケットを着用した方が良いです。落ちるとつかまるところが無いので。もうひとつは、海面をのぞき込んだ時に携帯電話を落とさないようにすること!恥ずかしながらogaは2度!塩釜と七ヶ浜で携帯電話を海に落として紛失しています(^-^; カニ採りは夢中になるので胸ポケットの中身は落とさないように注意が必要です。

5度目の正直で最初の1匹ゲット!小さめの卵を抱えたメスでした。

すぐに2匹目ゲット。サイズは小さめですがたくさんいます。

今日は獲れたイシガニの7〜8割くらいが外子を抱えたメスガニでした。

2匹が近くにいる時は、うまく掬うと2匹同時に獲ることができます。釣りキチ三平のムツゴロウの2匹掛けみたいで、成功すると満足度が高いです(^-^;

今日は1回だけ成功しました!

ライトの光に目が光るのでカニは簡単に見つけられます。ただ上の写真のように岸壁にカキ殻が多いところは網がカキ殻に引っ掛かりカニに逃げられることが多いです。できるだけカキ殻の少ないところでやりましょう。そのほうが簡単に掬えます(^^)

鉄腕ダッシュでも何回か言っていましたが、イシガニは日本のカニの中で挟む力がナンバー2と非常に強力です。(ちなみに1位はノコギリガザミです)

小型のイシガニでも挟まれた箇所に穴が開き、血が出ることもあるので注意しましょう。ちなみに持ち方はこんな感じに持てば挟まれることはありません。たぶん。

21時半までの1時間で、これだけ獲れました。26匹でした。メスはすべてリリース。大きめのオス4匹だけ持ち帰り、蒸しておいしくいただきました。イシガニ掬いも楽しいですよ(^^♪

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

「夏の夜はイシガニ獲り」への2件のフィードバック

  1. カニ掬い楽しそうです。
    今度やってみたいと思って網を買いに行こうかと思ってますが、長さはどのくらいあれば足りますか?教えて頂けると幸いです。お願いします。

    1. アジキさん
      コメントありがとうございます。カニ掬い、面白いですよ(^^♪ 風のない日が、カニが良く見え、見つけやすいのでおすすめです。網の長さですが、私は5メートルのものを使用していますが、長すぎるので縮めて使っています。その日の潮位にもよりますが、たぶん3メートルくらいあれば十分かと。あと夜釣りの人の近くは、迷惑になるので避けています。挟まれないように十分注意してくださいね。もし挟まれたら、カニを海水につけるとはなしてくれます。良い釣果?を願っています(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です