寒波到来前の半島メバル釣行

おはようございます、ogaです。昨日、夕方から牡鹿半島東部の漁港へ。前回釣行と同じ二つの漁港をまわってきました。

2023年1月19日(木)、気温1度(納竿時2度)、中潮、最初の漁港は南風3メートルほど、二つ目の漁港は微風でした。水温は寒さで頭が働かず、測定し忘れました。

しっかり暗くなった17:45に釣り開始。先行者がなく、堤防先端の良い場所に入ることができました。10.5gのフロート仕掛けで遠投して探っていきます。適度に引き潮の流れがあり良い感じなのですが、アタリ無し。遠くの比較的水深のある場所では反応が無く、テトラの近くの浅いところでようやくヒット!20センチくらいのメバルが釣れてくれました!

18:30 1匹目はフロート+ビームスティック(黄)で。

アタリがほとんど無いので、ガルプに変更。変更して3投目でヒット。少しサイズアップしました(^^)

19:10 22センチくらいのメバルでした。サンドワーム2インチで。これも浅場でした。

フロート仕掛けでは、リーダーの長さ分水深 1メートルくらいまでしか探れないので、キャロシンカーに変更。アタリの数は増えたものの、横の動きが早すぎるのか針掛かりしません。サンドワームが柔いので3つ、ワームだけ魚に取られました(T_T)

その後、良型を掛けるも糸にキズがあったらしく、すぐにラインブレイク。風も強いので漁港を移動することにしました。

最初の漁港ではメバル 2匹でした。

次の漁港ではカレイ、アイナメ狙いの方が一人。お話しではシーズンはもう終盤ということでした。

この漁港では風が弱く、常夜灯の下では小型メバルのライズも見えます。小型メバルはフロート仕掛けで狙えば釣れそうですが、良型狙いで暗い方を狙っていくと、2投目でヒット!最初の引きは強かったのですが、すぐに弱くなり、あがってきたのはクロソイでした。29センチほどでしたが、うれしいゲストでした(^^♪

キャロシンカー+サンドワームです。

ここでもアタリは2〜3投に1回はあるのですが、なかなか針掛かりせず。魚が小さいのか、活性が低いのか・・・たぶん両方でしょう(^-^;

砂地の底をゆっくり引いていると、久々のゲスト、ヨロイメバルが釣れてくれました。きれいな魚で飼いたくなりますね!

最後に小さなクロソイを追加。クロソイあるあるで、7センチくらいの小魚、2センチのエビ、3センチくらいのイカ?を吐き出しました。

イカ?(魚の上に写っています)を吐き出しました。
22:30 納竿 2か所目の漁港では3匹でした。

10時半まで粘りましたが、追加できず終了。この日の釣果は、メバル 2匹、クロソイ 2匹、ヨロイメバル 1匹でした。

帰り際にもう一か所、釣り場で会った方に聞いた初めての漁港に寄ってみたのですが、常夜灯の下に10〜20センチほどのボラ?、マイワシ?が大量に泳いでいました。こちらの漁港は、今度挑戦してみたいと思います。

帰り道、宮城に来て初めて野ウサギを見ました!

北上川中流、時合いは一瞬、その後河口へ

おはようございます、ogaです。昨日(2022年9月29日(木))、連日のバチ抜けシーバス釣行です。昨日のバラシ2回の対策として、「にょろにょろ」はフック交換、リーダーも吸い込み易いように4号から3号に変更しました。

気温22度(終了時18度)、大潮の後の中潮2日目(17時満潮、24時頃干潮)、風は南風から北西の冷たい北風でした。

17:37

薄暗くなってきたころ、マニック95に着水とほぼ同時にヒット!引きが弱いと思ったらマルタ(?)ウグイでした。腹のフックにしっかりと掛かっていました。

マルタウグイ 1匹目

昨日と違い、バチがなかなか確認できません。捕食音もほとんど聞こえず。次のヒットもサイズアップしたマルタウグイでした。

18:26 バチ発見!
マルタウグイ 2匹目(T_T)

静かなので、周囲の釣り人の声や音も聞こえるのですが、釣れてはいるものの、単発のようです。バチが少ないので、他のルアーをいろいろ投げていると、ガルバスリム80Sで、1匹釣れてくれました。でもちょっと小さめ(50センチ前後)。

18:55 ようやく1匹 ガルバスリム80S(ハッピーレモン)で。

この後、先日良い思いをしたお気に入りルアー「エリア10 evo」チャートバックパールを根掛かりロスト。根掛かりがほとんどないポイントだったので油断していました(T_T) 周りの釣り人も、釣れなくなり、ほとんど帰ったようなので、このポイントを諦め一気に河口まで移動しました。

河口は最近釣れていないためか、ガラガラです。この日も釣り人は無し。もうバチ抜けは終わった時間ですが、時折「ボシュッ」という期待できる捕食音が聞こえてきます。ただ、捕食音のするところまで100メートルくらい離れているので、届きません。

もうひとつあった「エリア10 evo」で、できるだけ遠投しているとゴンッとヒット!何度も沖でエラ洗いし、楽しい引きが味わえました。

2匹目(河口1匹目)
67センチくらいですが、太さがすごいです(^^♪

その後も同じやり方で2匹追加(エリア10 evoとスイッチヒッター85s-lv)。もっと飛ぶ表層系ルアーを持っていれば、もう少し数が釣れたかもしれませんね。

3匹目(河口2匹目) 北上川らしい体高のあるすばらしい魚でした。
62センチちょっとですかね。
本日4匹目 スイッチヒッター85S(LV)で。この日もっていた中では、一番飛ぶルアーです。

最後に移動したポイントでチビマゴチを釣り終了。

17:45〜22:30 釣果は、シーバス 4匹、マゴチ 1匹、ウグイ 2匹でした。諦めずに移動した先で、北上川の神様が少し微笑んでくれました(^^)

フックを換装した にょろにょろ105 で、チビマゴチ!

東松島市、シーバス釣り

こんばんは、ogaです。2022年9月20日(火)、台風の風が弱まり、なんとか釣りができそうだったので、ひさしぶりに東松島市へ行ってきました。

気温15度(終了時同じ)、長潮(18:00干潮だが、深夜までほぼ推移の変動なし)、水温23.1度、風は微風でした。

18:15から釣り開始。時々何者かが小魚を追っていますが、それほど大きな魚ではなく、シーバスではない様子。今日狙っている裏本命の魚のようです(^^)

開始30分後くらいに、その魚が足元近くでヒット!足元から3メートルくらいが浅いゴロタ石なのでラインがすれないように慎重にやり取りしますが、掛かった魚が賢く、下へ下へと突っ込みます。そして岩にリーダーがこすれ痛恨のラインブレイク!回収したリーダーもささくれてボロボロでした(T_T)

その後、底付近で45センチくらいのシーバスが掛かりますが、これは掛かりが浅くバラシ・・・。最初の1匹は、開始から1時間半くらいたったころ、40センチくらいのかわいいサイズでした。

静ヘッドとグラスミノーMで。

小魚を追ってボイルしている魚にルアーを投げますが、なかなか反応しません。先日購入したダイソーシンペン(大きいサイズ)のイワシカラーでようやく裏本命ヒット!

今度はリーダーを切られないように竿を高く上げ、慎重にやり取りしました。青物はシーバスよりスタミナがあり、なかなか弱りませんね(^^) ようやくキャッチ。30センチちょっとのショゴ(カンパチの幼魚)を釣り上げることができました。(最初に切られた魚は、これより明らかに大きかったので35センチ以上あったと思います。)

ダイソーシンペン(大)12gで。

その後も2回アタリはありましたが、ヒットさせることは出来ず。シーバスとは、また違ったルアーの誘い方が必要なようです。