新規小磯開拓のはずが・・・

こんにちは!ogaです。昨日(2022年5月6日(金))、牡鹿半島へ。気温17度(終了時13度)、水温は半島東部で8.9度、西部の漁港で14度、大潮後の中潮4日目(20:30満潮)です。

写真はないのですが、行く途中、松島町の山の中の田んぼで大きなイノシシを見ました。過去に蔵王町では見たことがあったのですが。確実に北上して生息圏を広げているようです。

今回はグーグルマップで見た小磯へ。まずは道具を持たずに釣り場への降りる道を確認。森の中を数百メートル歩きました。小磯へ降りることはできましたが、最後の斜面がかなり急な崖で、竿を片手に持って降りるのは無理そうです。背中に背負うようなケースを持っていないので、この場所で釣ることは断念しました。良さそうな場所だったのですが。

最後の崖。ロープはあるのですが・・・
6時半頃、夕日がきれいでした。

結局いつもの漁港へ。予報通り南風が強く、竿があおられ釣りをするのも大変な状況。波もありメバルのライズは見えません。海が荒れているためか、水温も低めでした。

19:05 水温は8.9度しかありませんでした。

半島東部のこの漁港ではアタリが少なく、30分ちょっとで2匹のみ。水温が高いであろう西部の漁港へ移動します。

最初の漁港では、小型2匹のみでした。南風が強すぎました。

10キロほど車を走らせ西部の大きな漁港へ。幸い入りたかった常夜灯に先行者はいませんでした。南風も山を背負っているためか苦になりません。メバルのライズも見え、イワシ?の群れも確認できました。

20:30 こちらの水温は14度。

ここも濁りがあり、あまり活性は高くないようですが、中層〜底付近をゆっくり引いてくるとポツポツヒットします。

20:47 一度目のリリース 11匹 

釣れてくるサイズが小さいので、ワームを大きくしてみますが17センチくらいが中心でした。スイングインパクトの3インチも3匹釣れました。

スイングインパクトで。
21:50 2回目のリリース 15匹

イワシ?はたくさん泳いでいるのですが、シーバスやイカが襲っている様子は無し。キャロシンカーからフロートに替えても同じような釣れ具合でした。

最後の魚が19センチで、この日最大でした。

潮通しの悪い場所なので、良いサイズは居ないようでした。22:50に終了。

22:55 3回目のリリース 14匹

本日の釣果はメバル 42匹(2+11+15+14)でした。小磯で釣りができず、小型ばかりだったので今一つの釣果ですが、新しいワームを何個か試し、釣果が得られたので次回に活かしたいと思います。

牡鹿半島西部の漁港イカを狙うも・・・

昨日(2022年4月29日(木))、家族4人で牡鹿半島へ。

行き先は、前日帰り際に立ち寄った際にイカが見えた漁港。私は餌木でイカ狙い、家族はメバル狙いです。

約1時間半の実釣時間で、メバルは20匹前後釣れましたが、イカは10匹ほど見えるもののヒットせず。スレているのか1.5号くらいの餌木には見向きもしませんでした。前日は、表層の小魚をイカが追いかけていたのですが、この日はただ浮いているだけだったので活性も低いようでした。

メバルは最大でも17センチくらい。それでも子供たちは、久しぶりの魚の引きを楽しんでいたようでした。

バケツを水中に入れていたので、元気にリリースできました

牡鹿半島東部の漁港でメバル釣り

おはようございます、ogaです。昨日(2022年4月20日(水))、牡鹿半島の東部にある漁港へ。道中、桜が満開、帰り道、鹿多数でした(^^) (今年は狐を良く見ます。今年になって5回見ました。)

気温12度(納竿時9度)、水温9度(昨年同日にも釣りに来ていて、その時の水温は11度でした)、大潮の後の中潮3日目(18:50満潮からのゆるやかな下げ潮)で期待できます。

19:20に漁港に到着。19:30釣り開始です。常夜灯の下には5センチくらい小魚(カタクチイワシ?)の小さな群れと数匹のメバルが見えます。透明度は2メートルくらいで少し濁りあり。

いつもはキャロシンカーを使うことが多いのですが、昨日は最初、ジグ単を使ってみました。2回アタリがあった後、開始10分後にヒット!20センチ弱の元気なメバルが釣れてくれました。

ダートタイプの2.5gジグヘッドにマナティーで。

バケツに海水を汲むときに水温を測定。水温は9度でした。(半島の西部ではこれより1〜2度ほど高いようです。)

この日はアタリはあるものの小さいアタリが多く、なかなか釣れません。仕方ないので、2g尺ヘッドにガルプ サンドワーム2インチへ交換。堤防の足元を探るとチビクロソイがヒットしました。

この漁港に多い15センチくらいのクロソイでした。

釣れた時に、3センチくらいの小魚を吐き出しました。ハク(ボラの稚魚)でしょうか?

ガルプも反応がイマイチ、ソードビームのクリアで良いサイズが掛かりましたが、藻に潜られバラシ!引きもだんだん強くなってきたので、あまり遊ばせてはダメですね。

夜11時を過ぎたくらいから風が弱まり、小さなサイズですがメバルがライズするようになりました。フロートでビームフィッシュ1.5インチを漂わせると10〜15センチクラスがパタパタと釣れます。

ライズの見える常夜灯の明かりの範囲では小さいメバルしか釣れてこないため、暗く水深も3〜4メートルくらいある場所に投げてみると、20センチのメバルが釣れてくれました。夜12時にようやくこの日の正解(?)を見つけました!

①ダートの速い動き(ダメ)⇒②重めのジグヘッドにサンドワームのゆっくりした動き(重さに違和感を感じるのか、アタリはあるが喰い込まず)⇒③キャロシンカーで底層をゆっくり(イマイチ)⇒④フロート(◎当たり) という流れでした。(ogaに、これ以外の引き出しはありませんが(^-^;)

常夜灯の明かりの届く外側、水深があり伸びた海藻が数本確認できる周辺で釣れることはわかったのですが・・・かみさんから「いつまで釣ってんだ。とっとと帰れ!」の愛情あふれる電話があり。

ソードビームで。

電話の後、3投で2匹キャッチできましたが、それがこの日の大きさ 1位、2位でした。(Max 22センチ弱くらいですが)

バケツはずっと水中に入れていたので魚は元気でしたが、バケツの上げ下げで疲れました。19:30〜24:20、本日の釣果は、メバル 17匹、クロソイ 5匹でした。長時間釣りをした割にはさびしい釣果ですが、最後に釣れたので満足度の高い釣行となりました。