小磯メバル釣行、撃沈・・・(T_T)

こんばんは、ogaです。今日は久しぶりの釣行です。2024年2月15日(木)、気温19度(納竿時14度)、水温12.8度(2か所目の漁港の水温)、大潮後の中潮3日目、風は南西の風(微風)でした。

午前中は塩釜神社へ行ったのですが、梅の花や四季桜は咲き始めていました。今年の春は少し早そうですね。

夕方、5時15分頃現地着。小磯近くの漁港にて。水が澄んでいて良い感じです。陽が長くなりましたね。

魚は目視できず。

小磯に入りフロート仕掛けで流していきますが、アタリ無し・・・。ゴールデンウイーク頃は海藻でいっぱいの小磯ですが、この時期は海藻がほとんどありません。新しい竿(月下美人83M-T)での初釣行なので、何とか魚を掛けて調子をみたいのですが。

暗くなれば魚が回遊してくるかもと期待していましたが、1時間ほどアタリ無し。そろそろこの場所は諦めようかなと思っていたところで、引っ手繰るようなアタリからヒット!最初だけ引いて、後はスイスイ上がってきました。

アジでした。ビームスティック2.2インチで。

サイズは18センチほど。この後、もう一匹アジを掛けましたが足元で抜き上げる時にバレました。(これは20センチくらいありました)

その後、ワームをアジ用に小さくしたり色を変えたりもしましたがダメ。小磯は1時間半で諦めました。

次は大きく移動して常夜灯のある漁港へ。常夜灯の下は、まだアジが群れているかもしれないと期待しての選択でしたが、着いてみると灯りの下には魚一匹魚影無し!(T_T)

釣り人無し、魚形無し!

こちらの漁港は少し濁りがあり、透明度は1.5メートルほどでした。魚は見えませんが明暗の境い目にフロートを流すと一投目からヒット!16センチくらいのかわいいメバルが釣れてくれました(^^♪ (ここではアジを狙っていたのですが・・・)

フロートはシャローフリークです。中通しタイプより確実に絡みにくくトラブルが少ないです。

表層水温を計ると12.8度でした。マアジは水温が14度を切ると深場に移動するとネット情報でみたので、今日常夜灯下にアジが見えなかったのは、きっと水温低下のためと思います。(未計測ですが、小磯は14度以上あったのですかね?)

12.8度くらいでした。

その後はポツリ、ポツリと釣れますがサイズは小さめ。フロートでは水深1メートルくらいまでの表層しか探れないので、1.5gのジグ単に変更。クロソイ狙いでスイングインパクト2.5インチにして底を探っていると・・・

チビクロソイが釣れてくれました(^^)

アタリが少ないのでガルプに変更。ここで少しサイズアップ(でも19.5センチくらい)したメバルが釣れました。竿にパワーがあるので、あまり楽しめません (^-^;

ガルプ サンドワーム2インチで。

リーダーにガン玉を付けて少し遠くを探るとフォール中にヒット!今日一番の引きでようやく20センチオーバーが釣れてくれました。まだ産卵後の体力回復中といった体形ですがよく引いてくれました (^^)

21センチくらいですが、満足!

20センチオーバーが釣れてくれたので、ここで終了。本日の釣果は、マアジ 1匹、メバル 7匹、クロソイ 1匹でした。

新しい竿(月下美人83M-T)は、以前の竿(ブルーカレントⅢ82)より、張り、パワーがあるので、海藻の多い季節の小磯メバルでは、より快適に(海藻に潜られずに)釣りができそうです。(まずは25センチオーバーを釣らないと説得力がありませんが!(^-^;)

牡鹿半島へメバル釣りへ

こんにちは。2024年1月29日(月)夕方から牡鹿半島にメバル釣りに行ってきました。

行き先は前々回(1月15日)に行った数が釣れる漁港です。気温9度(終了時4度)、風は北西の風(微風)、水温は測定を忘れました。

暗くなり始めた17時15分頃から釣り開始。フロート仕掛けでいつものように探っていくと早速16センチくらいのこのポイントの平均サイズが掛かります。

3投で2キャッチくらいのペースでメバルが釣れてくれますが、すべて小型・・・

足元にリリースしていきますが、ある程度ルアーを遠投しているのであまり魚がスレることなく釣れ続きました。(今回、釣果写真1枚だけです。ごめんなさい。)

ワームを替えながら20匹くらい釣りましたが最大で18センチほど。水が少し濁っていたためか、クリア系よりチャート系のほうが好反応でした。

フロート仕掛けで探ることのできる表層では良型が出なかったので、ガルプのサンドワーム2インチ+3グラムジグヘッド(尺ヘッド)のジグ単に変更。一度着底してからゆっくりと底層を引いてくるように誘ってみました。

小さい魚のひったくるアタリはあえて無視してアワせず、重めのアタリでアワせると今日一番の引きで22センチのメバルが釣れてくれました。

この底層狙いが良かったのか、その後20分ほどでなんとか20センチオーバーを3匹釣ることができました (^^) 低活性のこの時期はやはりガルプのような臭い付きのワームが効果的ですね!

産卵後の魚でしょうか。全体的に痩せていました。

アジとメバルを狙って牡鹿半島へ

こんにちは。昨日(2024年1月14日(日))、夕方から牡鹿半島へ。前回の初釣りが一匹のみだったので、今回は数が期待できる半島にしてみました。

気温4度(納竿時6度)、大潮の後の中潮二日目、南風でしたがけっこう冷たい風が1〜4メートルくらい吹いていました(吹いたり止んだり)。

最初の漁港では夕方5時から釣り開始。水が澄んでおり海底までばっちり見えますが魚が少ない・・・。小さいアジらしき魚とフグしか見えません。フロート仕掛け(今回はシャローフリーク)で常夜灯下の魚を狙うも反応なし。周辺の暗い所に投げて探っていると小さなアタリはあるものの、なかなか針がかりしません。(たぶん小さなアジらしい)

釣り開始15分くらいでようやくヒット!1匹目は小さなメバルでした。

ここでバケツに水を汲んだついでに水温測定。ネットの情報通り今冬は非常に水温が高く、1月中旬なのに14.2度もありました。平年値だと9度ですから5度も高いことになります。(マアジの適水温は16〜26度。15度を下回ると深場に移動するそうです。)

常夜灯下の見えている魚はこの漁港では最後まで釣れませんでした。30メートル弱投げて灯りのまわりで小さいアタリを拾っていく感じです。メバルに混ざってアジは2匹だけ釣れました。

アジ 1匹目
アジ 2匹目 17センチくらいです。

満潮から潮が少し引き出してきたタイミングで、ようやく良いサイズのメバルが釣れてくれました(^^) と言っても21センチくらいですが。

シャローフリークの説明はこちらです⇒https://amzn.to/3tP5cPp

シャローフリークはライントラブルが少なく快適でした!

港の奥では埋め立て工事をしており、これが釣果が伸びなかった一因かもしれません。(港周辺や流入河川で工事をしていると、コンクリートで水質が変わるためか、釣れないことが多いように思います)

いつも挨拶に来てくれる猫ちゃん。今年もよろしくな!

魚が薄いので移動を決意。この漁港ではメバル7匹、マアジ2匹でした。

19時 メバル7匹 マアジ2匹でした。ビームスティック(小)とネジワームでの釣果です。

10キロほど移動し次の漁港に行きましたが、ここは波、風がかなりあり、常夜灯下に魚が確認できず。(釣り人も3名ほど居ましたがほとんど釣れていないようでした。)

半島の反対側(西側)ならアジがまだたくさん居るかもと思い、また10キロほど車を走らせ明るい常夜灯が港内にある漁港へ。ここは風の影響を受けづらく私の中では半島で1,2を争う(メバルの)数釣りができる漁港です。 (港内は潮通しが悪いためか良型は出ません)

少し濁りがあり、アジらしき魚影は確認できず。メバルが時おりライズしていました。

フロート仕掛けをゆっくり引いてくると、アタリが連発!足元も沖目もどこでもアタリがあります。ただ、どこに投げてもサイズが小さい・・・(T_T) すべて15〜18センチくらいなのです。

放流の際に数えたら23匹でした。釣れないキャストが2回あったので25キャスト、23キャッチ。酸欠にならないようにすぐリリースしました。

常夜灯下はここで止め、より良型を狙って堤防の先端へ。しかし、ここは風が強すぎてまったく釣りにならず。10分ほどで諦めました。

再度、常夜灯下に戻り、今度は仕掛けを作り直しプラグに。ダイソーシンペン(中)とコルセア65を投げてみましたが、コルセアに一度小型が掛かりバラしただけで終わりました(T_T) ゲストのクロソイを期待していたのですが。

その後は、苦手なジグ単の練習。フロートと違い底層も探れるのでサイズアップに期待しましたが、釣れてくるのはやはり18センチ止まり。ジグ単も釣れる!という自信だけは付きました(^-^;

この漁港ではアジを確認できず。メバルは元気なまますべてリリースしました。

アジ 2匹、メバルは51匹(7+23+21)と数だけは良釣果でしたが、次からは良型(20センチ以上)を求めていきたいと思います。