追波川河口なんとか1匹!

こんにちは、ogaです。昨日(2022年8月31日(水))、久しぶりに追波川河口へ。涼しくなり気温は終始22度前後でした。風も微風で釣り易かったのですが。

気温22度、晴れ、大潮の後の中潮三日目(18時満潮からの下げ潮狙い)、登米観測所データで水温19.6度、濁度10.0度でした。(かなり水が澄んできて透明度1.5メートルくらいありました。)

18時半に現地着。釣り人は二人いましたが、幸い違うポイントに入っていました。ヒラメがいるポイントなので、まずはジグヘッド(ムゲンヘッド10g+ミドルアッパー)から。底が砂と小石で根掛かりはあまりない所なので、底を転がすような感じで引いてくると、10投目くらいにヒット!

かなり強い引きで、ネッサのミディアムロッドが大きく曲がります。何回かドラグを出されて、寄せてきたところでダッシュ+エラ洗いでフックアウト!! フックが伸ばされていました(T_T) アワセが甘かったのかもしれません。また至近距離でのエラ洗いに備えてドラグは、やり取り中に少し緩めておくべきでした、残念!(ムゲンヘッドは細軸で刺さりは抜群なのですが・・・。大きい魚がいるところでは静ヘッドにしようと思います。) 大きいといっても80センチはなく、70センチくらいのシーバスでした。

フック伸ばされバラシました・・・(T_T) 大きかったのに。

ジグヘッドとワームは、この1セットしか持って来ていなかったため、ここからはプラグのみ。ボラは跳ねていますが、シーバスらしい捕食音は一切聞こえません。浅瀬にはイナッコやサヨリ、ハゼ、カニがたくさんいるのですが、捕食者のスズキがあまりいない様子。

夜9時頃、遠投したスイッチヒッター85S-LVに50センチクラスが掛かりましたが、すぐ外れました(T_T)

ボーズを意識し始めた11時頃、水深50センチくらいの場所に投げていたエリア10EVO(たぶん手持ちのプラグのなかで一番バラしの少ないルアー)についにヒット!慎重に、慎重にやり取りし、砂浜に上げました(^^)

追波川らしい顔の小さい素晴らしい魚でした。引きも最高でした(^^)
63センチくらい。エリア10EVO良いです!

この後も、同じような場所を1時間、24時まで釣るも追加はできませんでした。最後はキャストし過ぎで右肩がバキバキ痛んでいたので、左手で投げ、持ち替えて釣りしていました(^-^;

浅瀬にはエビが大量にいます。豊かな川ですね。

追波川河口、ナイト釣行

おはようございます、ogaです。昨日(2022年8月12日(金))、シーバスを狙って追波川の河口へ。

気温28度(納竿23時26度)、大潮(17:00満潮、22時干潮の下げ潮狙い)、登米観測所データで水温24.1度、濁度46度!でした。

最初に長面浦から海へつながる水路へ。足場は良いのですが、カキ殻が多く、1時間ほど続けましたがアタリ無し。シーバスのボイルも無く、良いポイントか否かの判断はできませんでした。写真に見える対岸の砂浜周辺は、流れがカーブしていて夜に面白そうです。(上流の橋げたも面白そうですが、今は工事中で入れず。)カキの浄化作用と山に囲まれた自然環境のため、北上川より水はきれい(透明度2メートル以上)でした。

最初は長面浦の水路で。不発!ウェーディングしている釣り人が見えます。

暗くなってきた19時に移動。移動してすぐに40センチ前後の小型を「にょろにょろ125」でバラシました。しかし、その後はアタリが無く、ボイル音も聞こえず・・・。風が強く、いつもは岸辺にたくさん見えるハゼやイナッコ、サヨリもほとんど見えませんでした。

21時に遠投した流心部でヒット!流れに乗って、引きが強く、70センチオーバーを期待したのですが・・・。65センチくらいのきれいなシーバスが釣れてくれました(^^♪

北上川らしいきれいな魚でした。

「にょろにょろ125」は、14グラムあり、比較的遠投が効くので、大河川の河口部では頼りになります。

にょろにょろ125のレッドヘッドで。

同じポイントで連続ヒットしましたが、小型のダツのスレ掛かりでした。

ダツはスレ掛かりでした。

22:30まで投げ続けましたが、ダツのような魚のバラシが一度あったのみ。スズキサイズ1匹という、微妙な釣果でした。

北上川シーバス釣行+長面浦水路

こんにちは、ogaです。昨日(2022年7月28日(木))、北上川へシーバス狙いで行ってきました。

気温24度(24時の終了時は23度)、大潮(17:10満潮、22:00干潮)、風は微風、登米観測所データで水温25.9度、濁度12.0度でした。

まずは、長面浦と海を結ぶ水路を視察しました。全体に浅そうでしたが、足場は良く、流れがあるときならシーバスが釣れそうです。(コンクリート護岸なので雰囲気はいまひとつです。) 長面浦は、大雨後に河川の濁りが強い時に、そこまで濁らず、カキのおかげで濁りがとれるのも早そうなので本流がダメな時の選択肢として良いかもしれません。

長面浦から海へ向かう水路です。

続いて右岸河口。車2台、釣り人4名でした。夕マヅメ時間に10分ほど見ていましたが、ヒットは見られなかったため、大きく上流に移動しました。

18:30頃から釣り開始。明るいうちにVJのコピー品にアタリ1回(ワームがずれたのみ)、ヒット1回ありました。が、60センチくらいのシーバスをエラ洗いで目の前でバラシました!

暗くなってもアタリが無く、捕食音もまったく聞こえないので、また大きく移動。最近、よく来ている小場所に入りました。

ここは、魚の気配があり、小さいシーバスが数投に一回はルアーに当たります(^^)

しかし、60センチアップが出た前々回、50センチアップが出た前回より、小さい魚の群れのようで、50センチを超える魚は出ませんでした。

1匹目

キャッチできたのは7匹ですが、バラシも5回くらいありました。ヘタクソですね(^-^;

2匹目

アタリが多かったのは、「にょろにょろ85(黄)」と「エリア10EVO(黄)」。にょろにょろは、後ろの針がシングルなのとフックサイズが小さいのでバラシ多めでした。

3匹目
4匹目

このポイントでは、3回の釣行でけっこうな数のルアーを使いましたが、「マニック95」、「サミー85」、「エリア10(エボではないノーマルタイプ)」では、一度のアタリもありませんでした。こうしてみると表層を通すルアーに反応が悪かったようです。(透明度1メートルほどで、濁りが強めだったのも影響しているのかもしれません。)

5匹目
6匹目 ダイソーシンペン(小)でも釣れました!

岸辺には、大量のカニ、エビ、アミ、ハク(ボラの稚魚)、サヨリの稚魚、ハゼが目視できました。

最後、7匹目 にょろにょろ125で。
魚がファイト中に2匹、小魚を吐き出しました。何の魚か不明です。

北上川も旧北上川も、小型が集まるポイントを見つけることはできたのですが、70センチオーバーは、釣れる気配がまったくありません(^-^;