旧北上川⇒追波川 朝マヅメ釣行

こんにちは、ogaです。2022年8月10日(水)、深夜から車を走らせ旧北上川へ。今日は、先日チェックした旧北上川の中流?ポイントに入ってみました。(河口から15キロくらいです。)

気温24度、晴れ、大潮の前の中潮(00:20頃満潮から8:30干潮の下げ潮狙い)、登米観測所データで水温23.9度、濁度13度でした。4時15分頃、ポイントに到着。

今日は想像していた以上に濁流で、透明度は50センチ無いくらい、草も大量に流れていて毎投、何かしらゴミが引っ掛かってくる状況でした。ライズはたくさんあったのですが、ほとんどはコイ科の魚だと思います。1時間半ほど、トップからバイブレーションまで、いろいろなルアーを投げましたが、底付近でアタリが一度あっただけでした。(たぶん、コイ等のスレだと思います。)

6時頃、追波川(北上川)へ移動しました。河口から10キロほどの場所ですが、こちらは濁りはありますが、ごみが少なく、まだ釣りになりそうです。

鉄板バイブやダイソーVJを投げるもアタリ無し。岸辺には6センチくらいのイナッコが群れていました。水面が影になった場所で、「バフッ」という捕食音が時々響きます。ルアーをイナッコサイズに近いダイソーのシンペン(小)にしてキャストすると、一投目でヒット!元気なシーバスが掛かりましたが、ここで問題発生。足場が高く、ネットがないため取り込めません(T_T)

とりあえず証拠写真だけでもと撮影。

足元から水面まで3メートルくらいありました。

60センチくらいの太ったシーバスでした。この後、ラインをつかんで引き上げようとするも、予想通り、魚が水面から上がりきるまでにフックが伸びてオートリリースでした(T_T)

この後も、同じ場所、同じルアー、流し方で2匹シーバスが出ましたが、いずれも魚の捕食ミスで針掛かりせず。1匹は40センチ級でしたが、もう一匹は、写真の魚より大きかったので、残念でした。(まあ、掛かっても同じくオートリリースになったでしょうが・・・)

結局、キャッチは1匹もできませんでしたが、ルアーに魚のアタックが見える釣りができ、楽しい釣行となりました。初めてのポイントで試行錯誤するのは楽しいですね(^^♪

追波川シーバス、クルクルバチ!

こんばんは、ogaです。2021年11月6日(土)、夕方から追波川(北上川)へ。気温13度(終了時10度)、大潮(15:30頃満潮からの下げ潮)、登米観測所データで水温14.2度、濁度3.0度でした。

明るい16時半くらいから20時までがんばって、キャッチできたのはセイゴサイズのシーバス2匹のみ。大きいサイズのバチ抜けは見ることができませんでした。

バチが見える時間に1匹60センチ弱の良いサイズが「にょろにょろ105」に掛かりましたが、浅瀬でバシャバシャ暴れたときにバラシ・・・(T_T)

バチ抜けが終わり、ボーズ逃れの遠投ポイントで何とか2匹だけ釣ることができました。(このポイントでは、他にも小型と思われるアタリが2回ありました。)

クルクルバチというヤツですか。
「にょろにょろ125」を使い、1匹目。砂まみれです。
1匹目 37センチくらい。
2匹目 35センチくらい。
3匹目? マゴチの赤ちゃん? にょろにょろ125に掛かりました。

マニックも1時間くらい投げましたが、アタリはありませんでした。今回もシーバスの捕食音はほとんど聞こえず、厳しい釣行でした。

追波川、バチ抜け見られず・・・

こんばんは、ogaです。2021年10月24日(日)、かみさんの呪いでしょうか(^-^;  バチ抜けは起こりませんでした・・・(T_T)

気温13度(終了時9度)、北風(最初3メートルくらい、19時頃は微風)、中潮(17時満潮からの下げ潮狙い)、登米観測所データで水温12.7度、濁度6.0度でした。(渓流魚のイワナの適水温が12〜15度です。水温がかなり下がりましたね。)

16:45頃釣り場に到着。休日なので北上川はシーバス狙いの釣り人が大勢おり、川沿いに40〜50台くらい釣り人の車を確認できました。

冷たい北風で、波がありウグイ等小魚のライズやシーバスの捕食音は、暗くなってもほとんど聞こえません。ウェーダーを通して、水が冷たいのがはっきりわかります。

「サミー」から初めて、ルアーをいろいろ変えていきますが反応が無く、最初のヒットは17時半頃。最初のエラ洗いで良いサイズだとわかったので、フックを伸ばされないように慎重にやり取り、1匹目は60センチオーバーのきれいな魚でした(^^♪

17:33 1匹目 にょろにょろ105(赤)でした。
63センチくらい。

水面をライトで照らしても、バチは一匹も確認できません。足元にハゼはたくさんいるのですが。

バチがいないので、表層を漂う魚をイメージして「アルデンテ」を投げていると、水面で、小物がルアーにじゃれるような小さなアタリ。合わせてフッキングしますが、軽い手応えで足元まで寄ってきます。ライトで照らすと以外にも良型!

突然ライトの光を浴びてビックリしたようで、立ち込んでいる私の2本の足の間に突っ込んできました!幸い、ルアーの針がウェーダーに刺さることなく、あわてて片足を上げてラインをよけてファイト再開。見ている人がいたら、かなり怪しい動きをしていたと思います(^-^;

18:33 2匹目は、アルデンテ95sで。

大きさを計ると、78センチほどの体高がある立派なシーバスでした。A川で上げた80センチに次ぐ、今年2番目の大きさです(^^)

潮が引いてきて、流れが出始めたので場所を移動。いつもアタリのあるポイントに「にょろにょろ125」を投げますが、今日はアタリがありません。遠投が効く小さめのルアーということで、「ワンダー80」に交換。流れに乗せて泳がしているとヒット。55センチくらいの追波川の平均サイズのシーバスでした。

19:04 3匹目 ワンダー80(グリーンチャート)で。

19時くらいから風が止み、水面も静かになったのですが、最後までバチの姿は見えませんでした。状況が好転しそうにないため、19時半に納竿。

釣果は3匹でしたが、9.6フィートのML(ミディアムライト)のやわらかい竿で楽しい釣りができました。