バチ抜けはありましたが…不発!

こんばんは、ogaです。2022年11月9日(水)、バチ抜けを期待して、北上川の中流域アシ原へ。この中流域では、バラシの後、1匹キャッチ。シーバスのボイルはほとんどありませんでした。

気温13度(終了時11度)、大潮3日目、表層水温は14.5度でした。

最初のバチ確認
にょろにょろ105で。50センチくらい、この1匹だけでした。
確認できたバチは少なめ。

まわりの釣り人もほとんど釣れていない様子。風が強くなり、バチも見えなくなった18時半頃、この場所を諦め、河口に車を走らせます。

河口では、速い流れの中で「コルセア65」にヒット!小型でも釣れたら良いや、と思っていたのに、60センチオーバーがヒットしてしまい、下流に走られ、エラ洗いでフックアウト!針が伸びていました(T_T) (コルセア65のフックは、トラウト用?というくらい細く、ワンダー80やマニック95よりさらに細軸です。指で強めに押すと柔らかさがわかります。)

伸ばされました(T_T) このルアー、すごくよい泳ぎをするんです!

伸びたフックはプライヤーで戻し釣り再開 (^-^; しばらくして、同じような流し方で、またコルセアにヒット!これも良い魚だったのですが・・・またしてもフック(今度はリアフック)が伸びて逃がしてしまいました。

また伸ばされました(T_T)(T_T)

コルセアは諦め、にょろにょろ85やガルバスリム80Sで同じように流しますが、これにはヒットせず。悔しさの残る釣行となってしまいました。

魚(シーバス)を見つけられず・・・

こんばんは、ogaです。2022年11月7日(月)、夕方から追波川へ。

中流域のアシ原。

夕マヅメから18時まで中流域アシ原、その後河口へ行きましたが、前回同様、シーバスのボイル無し、アタリ無しでボーズでした!昨年は、この時期まだ釣れたのですが。

気温13度(終了時9度)、表層水温は実測で14.5度、大潮の1日目(14:30満潮、21:00干潮)、風は北西の冷たい風が1メートルくらい吹いていました。

スレでサヨリが釣れました。
河口付近では、アミがたくさん見えました。ハゼのエサになっているようです。
使ったルアー達。

追波川河口、いまひとつの釣果

こんにちは、ogaです。昨日(2022年10月3日(月))、追波川の河口へ。

気温20度(終了時も20度)、小潮二日目(19:00満潮)、登米観測所データで水温19.9度、濁度5.0度でした。

今回は潮まわりがいまひとつだったためか、シーバス(や他の魚)のボイルはまったく見えませんでした。最近、魚の良く釣れていたポイントは、流れが効かず、まったくアタリがありませんでした(T_T)

海に近いところの流れの中で、なんとか1匹釣れてくれました(^^)

20:25 粘ってようやく一匹。ガルバスリム80Sで。
尾びれの下側が砂にまみれて見づらいですが、57センチくらいありました。
浅瀬には10センチくらいのサヨリがたくさん泳いでいました。