追波川、連続釣行

こんばんは、ogaです。2021年10月9日(土)、夕方から追波川へ。昨日に続いての釣行ですが、今日は河口に入ってみました。バチ抜けは川の上流域からという情報からいけば、河口はあまり良くないハズです。ただアシ原は移動しずらく、土曜日ということで釣り人も多そうだったので、比較的空いているであろう河口に行ってみました。予想通り、河口は釣り人が3人のみ。かなり自由に歩き回れます(^^)

気温17度(終了時19度)、風は初め2〜3メートルほど吹いていましたが、途中からほとんど無くなりました。中潮(16:40頃満潮からの下げ潮)、登米観測所データで水温は19.2度、濁度は2.0度で非常に澄んでいました。

17時から釣り開始。いつものように海側でメタルジグを60メートルほど投げて探っていきますが、アタリ無し。暗くなってからは川に移動しシーバスを狙います。

「ジグザグベイト」、「にょろにょろ125」、「にょろにょろ105」、「サミー110」など、いつものように投げ続けますがアタリ無し。18時15分頃、水深1メートルくらいの浅瀬でようやく初ヒット!慎重にやり取りして無事キャッチできました(^^)

サイズは57センチくらい。昨日の2匹と同様、追波川の平均的なサイズです。ルアーは「アルデンテ」でした。

小さいサイズを2回バラしたあと、18:50くらいに2匹目をキャッチ。サイズは37センチくらいでしたが、元気の良い魚でした。

その後、「にょろにょろ125」を遠投して探るお気に入りのポイントで1投目に良型をバラし、2投目にもヒットするもまたバラシ(T_T) 家に帰ってわかったのですが、フックが伸びて開いていました(T_T) 根掛かりなどで一度開いた針は、ペンチで形を戻しても以前の強度はないということでしょうか?高い授業料でした(^-^;

その後、同じポイントで「アルデンテ」でもバラし、3連続バラシ。20時に納竿しました。(「にょろにょろ125」は3色持っていますが、今まで一度もアタリが無かったレッドヘッドで2投連続ヒットしたことで、この色に自信が持てました。)

浅瀬をみるとバチが何匹か泳いでいました。昨日のアシ際よりは数が少なめ。それでも何度かシーバスの捕食音は聞こえたので、このバチを食べに来ていたのかもしれません。

バチ抜けも確認できました。ハゼはたくさんいます。

追波川(北上川)河口シーバス、大物バラシ・・・

おはようございます、ogaです。昨日(2021年9月27日)、夕方から追波川へ。最近、釣果の無いシーバス狙いです(^-^;

気温19度(終了時15度)、中潮(18時満潮からの下げ潮狙い)、風は1〜2メートルくらいでした。夕方6時の登米観測所データで、水温20.7度、濁度3.0度でした。いつもは平日でも釣り人の車が数台は必ずあるのですが、最近釣れていないのか、この日は無し。釣り終了の最後まで釣り人に会いませんでした。(対岸には数名釣り人がいました。)

17時半頃現地着。準備をして17:45頃釣り開始です。

夕マヅメは海側で、ハウル、メタルジグを遠投して探っていきますが、大遠投したメタルジグに一度掛かったもののバラシ。たぶんサバだと思います。

その後、川の流れのある場所でいろいろなルアーを投げますが、反応がありません。シーバスのライズ、ボイルも無し。岸辺の浅場にはハゼとイナッコがたくさん確認できましたが、シーバスの気配がありません。

20時をになった時、「アルデンテ95S」にゴン!と当たりましたが、フッキングせず。たぶん30センチくらいの小物だと思います。そして20時20分くらいにようやく初ヒット!大きくはありませんでしたが、コンディションの良いきれいな魚が釣れてくれました(^^)

ヒットルアーはアルデンテ95S。無くすのが怖くてあまり使用時間は長くありませんが、釣れます。

銀ピカのきれいなシーバスで、サイズは55センチくらい。ボーズにならず、ホッとしました。

この後、リリースしました。

この後、かなり流れのあるポイントで大きい魚を掛けたのですが、30秒くらいやり取りして、姿を見る前に針が外れて逃げられてしまいました。スレでなければ、80センチ以上ありそうな引きでした。残念。悔しくて22時半まで続けましたが、その後はアタリ無し。にょろにょろやジグザグベイト、ストロングアサシンをたくさん投げましたが、ヒット3回はすべてアルデンテでした。色、サイズも関係しているのかな?

追波川、朝マヅメ狙いも撃沈・・・

こんばんは、ogaです。2021年9月21日(火)、早起き(3時起床)して追波川へ。普段は夕方から夜の釣りが多いのですが、明るい時間にも釣れるようになりたかったので、追波川河口へ。登米観測所のデータでは、水温20.1度、濁度は6.0でした。

5時39分に撮影しました。川にはたくさんのごみが流れていました(T_T)

大潮の下げの時間だったので、ある程度覚悟していたのですが、ごみの流下がかなりありました。4時間釣りをして、一番竿が曲がったのが、3メートルほどの竹が掛かった時でした・・・(T_T)

川ガレイの赤ちゃん
海近くのポイントで、根掛かり多発。ルアーを3つ失いました。

到着時の気温14度は、9時には24度まで上昇。ワクチン接種の副反応だと思われますが、太陽の明るさで頭がガンガン痛み納竿しました。(かみさんも同じく頭痛で目を開けているのが辛い症状が出たので、皆さんも注意して下さい。)

明るくなってからは、スピンテールジグ、IP(アイアンプレート)で底付近を狙いましたがアタリ無し。周りの釣り人も見える範囲では釣果は確認できませんでした。

最後の方で、石がたくさんある海側に初めて入りましたが根掛かりが多く、メタルジグ2つとIP(アイアンプレート)1つをロスト・・・。今日の釣行での数少ない収穫は、大潮の最干潮時間に、どこが浅瀬でどこが深く流れが効いているか、わかったことくらいでした。次に活かします!