牡鹿半島東部の漁港へ

こんばんは、ogaです。2021年1月21日(木)、今日は久しぶりに天気が良かったので牡鹿半島へ行って来ました。気温は到着時3度、釣りの終了時も3度でした。

家を出たのが遅かったため、現地到着は17時。周囲はだいぶ暗くなっていたので、急いでタックルを2セット準備しました。この漁港はいつも水が澄んでいるのですが、今日は特に澄んでいて、視界の範囲の水深(3〜5メートルくらい)はすべて底が見えます。(ウニはたくさん見えますが、海藻はほとんど無く、魚も見えませんでした。)

牡鹿半島の中でも東側にあるこの漁港は、西側の漁港よりメバルのサイズが大きい傾向があります。

表層水温は9度。山越えの南風が少しありました。他に釣り人は無し、貸し切り状態です。

まだ暗くなって間もないので、メバルが漁港内に入ってくるのは少し後かな、と思い、まずはジグヘッドに2インチワームを付けて堤防際のソイを狙っていきます。15分くらいして常夜灯の下の堤防際でヒット!小さいですが狙い通りクロソイの幼魚が釣れてくれました(^^♪

その後も小さいクロソイがポツポツと釣れますが、すべて小型(^-^;

アタリは多いんですが、サイズが小さく半分もキャッチできませんでした。
小さいですが、本命のメバルも釣れました(^^♪

常夜灯の下でアタリが無くなったので、港の奥に移動。今までより少し強い引きで、20センチくらいのオウゴンムラソイが釣れてくれました!

ここまでで18時半くらいになり、常夜灯の下には小さなメバルとウミタナゴがポツポツと見えるようになったところで、メバル竿にチェンジ。30メートルくらい投げて、底付近をゆっくり引いてくると「コッ」とアタリがあります。数投して15センチくらいのきれいなメバルが釣れました。

19時を過ぎたくらいから、少しづつアタリが多くなってきて、楽しい釣りになってきました(^^♪ 小型のメバルに交じって久しぶりの20センチオーバーも!

少し痩せていますが、きれいなメバルでした。

20時を過ぎても釣れ続くので、更なる大型を求めて漁港内をいろいろ移動しましたが、潮位が低く、コンスタントに釣れる場所は一か所だけでした。

今日は縞模様のはっきりした白っぽいメバルと、このような黒っぽいメバルの両方が釣れました。

最後(21:45頃)にこの日最大の21.5センチを釣って終了。ちょっと寒かったけど、楽しかった(^^♪

17時10分頃から21時45分までの本日の釣果は、メバル 16匹、クロソイ 9匹、オウゴンムラソイ 1匹の計 26匹でした。バッカンを海中に入れ、1匹釣れるごとに上げて入れていたので疲れました(^-^; でも、そのおかげで最後、すべて元気に海へ返すことができました。

当日の潮位は、こんな感じでした。
oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

「牡鹿半島東部の漁港へ」への2件のフィードバック

    1. 三平さんへ
      コメントありがとうございます(^^) 良い釣りができました。20センチオーバーを持って帰ろうかとも思ったんですが、どの魚も元気だったし、自分が疲れていたので今回はリリースしました。
      三平さんのようにいろいろ料理の引き出しがあれば良いのですが(^-^; 料理もこれから少しづつ勉強します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です