家族で牡鹿半島西部の漁港へ

2020年12月28日(日)、今日は潮と天気、風向き(冷たい北風ではない)が良さそうだったので、牡鹿半島へ家族で行って来ました。16時から釣り開始です。

漁港は牡鹿半島西部の藻がある漁港。ルアーのメバルとアイナメ狙いです。気温は6度(終了時1度)でした。

終始風は無く、湖のような水面でした。到着時3人の釣り人がいました。

最初は4号のナツメオモリのヘビキャロにワームを付け、遠投してのアイナメ狙い。何と一投目からアタリがありヒット!20センチちょっとの小さいアイナメが釣れてくれました(^^♪ (ワームとフックが大きすぎたのか、えらの下あたりにスレ掛かりでした)

1投目から幸先よく小アイナメ。塩釜港でなかなか釣れない40センチオーバーを狙っていたんですが(^-^;

さらに探っていきますが、時折小さいアタリはあるものの追加できず。10投目くらいで根掛かりしてしまい、メバルのルアー釣りに変更しました。子供たちは最初、喜んで釣りしていましたが、寒いし、なかなか釣れないので車の中に退避。スマホでゲームしながら、おにぎり、カップラーメン、お菓子などを食べていたみたいです(^^)

暗くなってくると底のほうでアタリが出だしました。ガルプで小さいメバルを数匹釣った後、堤防際でヨロイメバルが釣れました(^^♪

かみさん、子供たちに我慢してもらい、19時まで釣りをさせてもらい納竿。本日の釣果はメバル 17匹(Max18.5センチ)、ヨロイメバル 1匹、アイナメ 1匹でした。半分くらいは実はかみさんが、青イソメで釣りました(^-^;

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です