朝、七北田川 田子緑地付近 ボーズ

こんばんは、ogaです。スペインサッカー久保選手の2試合目、もうすぐですね。今からワクワクしています(^^)

2020年9月19日(土)、七北田川に行ってきました。狙いはスモールマウスバスです。宮城に来てからは一度も釣ったことが無かったため、久しぶりに狙ってみました。どこで釣れるか、よくわからないので、とりあえずグーグルマップでこの場所を選びました(^-^;

全体的に水深が浅めでした。鷺(サギ)が見えますね。

小さなワームを付けて探っていきますが、アタリがありません。というか、ウグイやオイカワといった小魚がまったく見えず、魚が少ない場所でした。

右岸のよどみはよさそうなポイントなのですが、40センチくらいのコイが見えただけでした。

30分ほど釣りをしましたが、釣れませんでした。釣り人のごみも落ちていなかったので、場所がだめだったようです。鳴瀬川や、もっと遠征して阿武隈川のほうが魚は多いのかな?もう少し情報を集めて、スモールはまた挑戦したいと思います。

七北田川河口 ハゼ釣り

こんばんは、今年からハゼ釣りを始めたogaです。今日は新規開拓で七北田川河口に行ってみました。

使用タックルは、いつもの6.6フィート(ずっと5.6フィートと書いていましたが、今日見たら6.6フィートでした(^-^;)のルアー竿、ナツメオモリ1号で1本針仕掛けです。釣った時間は、14時から15時半の1時間半でした。

今日は風が強く、水もかなり濁っていました。水門(海から二つめ)から水が大量に流入しているところがあり、その下の水がゆるんでいるところから釣り開始。しかし、1投目からいきなり根掛かり・・・(T_T)。2投目も根掛かり。何が沈んでいるのかわかりませんがこのポイントは諦めました。

次に、少しだけ下流に移動し、今度は少し流心側に20メートルほど投げてみます。底は浅く、コツコツと砂利のような感触が竿に伝わってきます。5メートルほど探ったところでアタリがあり、1匹目が釣れました。

その後、ここでも根掛かりがあり、アタリも少ないことから場所を移動。次は、水門の上流のアシ原に移動しました。

台風の影響はまだ強く残っており、糸や針に枯れ葉やごみが引っ掛かってきます。そんな中、アシ際は浅くアタリなし。ここでも20メートルほど沖に投げると、アタリがあります。広範囲に探ると、ぽつぽつと釣れました。

だんだんサイズが小さくなってる・・・
ここでもクロダイの幼魚が釣れました。

風がますます強くなり、アタリもわからなくなってきたので終了。

本日の釣果は、マハゼ 4匹、クロダイの幼魚 1匹でした。アタリが少なかった原因は、台風後の濁りの影響か、釣り場自体のポテンシャルの問題か、よくわかりませんでした。