鳴瀬川河口 北上運河のハゼ釣り

今日は二人の子供と鳴瀬川の河口へ。前回の東名運河との合流点の対岸側、北上運河に行ってみました。

奥に見えるのが、鳴瀬川の河口です。

足場は良く、釣り場のすぐ横に車が付けられます。リール竿2本でちょい投げで探っていきます。エサは、青イソメ(300円分)を使用。

運河の中心側は、根掛かりもなく釣り易く感じました。アタリはすぐに来るのですが、針が大きいのか、なかなか針掛かりしません。

それでもやっと本命1匹目。

続いて、クロダイの幼魚。

次第に風が強くなり、釣りづらくなってきました。足元を見ると濁りがあり、水深が 1メートル以上 ありそうだったので、足元に仕掛けを下ろし、歩いて探っていくとすぐ釣れました。

その後は、足元の壁際を攻め、ぽつぽつと釣れました。

この日の最大魚。

子供たちの集中力が切れたので、まだ明るい17時前に終了。

14時45分から16時45分までの2時間で、釣果は、マハゼ 13匹、クロダイの幼魚3匹でした。

大きいのは一匹だけ。19.5センチありました。

いつもは、すべてリリースするのですが、今日は持ち帰り、天ぷらにしてみました。身がホクホクですごく美味しかった(^^♪

秋には家族でハゼ釣り、おすすめです(^^)/

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です