奥松島 里浜漁港、松ヶ島漁港

今日は、ハゼ釣りの新規開拓で奥松島、宮戸島にある里浜漁港に行ってきました。

河口はどこも濁っているので、川水の濁りの影響が少ないと思われる奥松島にしたのですが、濁りは少しありました。

カキがたくさん見えます。根掛かりします・・・

里浜漁港で釣りをするのは初めてです。小さい堤防が二つあり、手前の堤防から釣り始めました。いつものルアー竿に1号オモリ、1本針仕掛けです。

堤防は、2~3メートル先まで石が敷いてあり、そこにカキ殻がびっしり付いています。軽く5メートルくらい投げてカケアガリを引いてくると、すぐに仕掛けが引っ掛かります(T_T) 最初の一匹目はカニ・・・イソガニかな、初めて釣りました。10メートルくらい投げると、砂か泥の底になるらしく、根掛かりはありません。でもアタリもありません・・・

根掛かりが多いので、堤防から船着き場に移動。係留された船の間を探っていきます。ここでは、足元でダボハゼ。

鋭いアタリがありチンチン(クロダイの幼魚)も釣れました。

そしてまたダボハゼ。釣り場を移動しようか考えていると、やっとマハゼが一匹釣れました。でも、この場所はあまり期待できないので移動します。

里浜漁港に入る直前の道路の反対側に小さな入り江があり、ボラの子供が跳ねていました。ここを探ってみます。

波のない静かな入江です。ボラの子が跳ねています。

水深は1メートルくらい、水はあまり動いていない様子・・・。案の定、こいつが釣れてきました(^-^;

その後、入り江と湾を結ぶ水路に移動し、フグとダボハゼ×2。

ここも諦めます。

地元の方と思われるハゼ釣りに来ていた方に話しを聞きました。「ここ(里浜)は土日になると釣り人たくさん来るけど、みんな釣れねんだ-。ここ魚あんま居ねんだ-」と(^-^;

ラストに15分だけと思い、帰り道の途中、松ヶ島漁港に車を止めます。港の写真を撮るのも忘れ、第一投。一投目からマハゼが釣れました(^^)

二投目は、イシガニ。

またしばらくしてイシガニもう一匹。

そのあと、30センチ弱のセッパらしき魚をバラし・・・、最後にメバルを釣って、暗くなったので納竿。

15時半から17時半まで。イソガニ、ダボハゼ、マハゼ 2匹、チンチン、イシガニ 2匹、メバルとカニを合わせると6目釣り達成しました(^-^;

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です