女川町の磯でメバル釣り

おはようございます、ogaです。昨日(2021年6月6日(日))、夕方から女川町へメバル釣りに。若潮なので潮の動きが悪く、少し不安でしたが、女川町の中心部に近い磯(というか岩場)に入ってみました。途中、旧北上川の有名なシーバスポイントの横を通りましたが、釣り人の車が7台も停まっていました。時間に余裕があれば、釣れているのかしばらく様子を見たかったのですが、夕暮れも近いので、釣り場に急ぎます。

気温22度(終了時20度)、表層水温は漁港で17.5度でした。風は微風、終了時は釣りが難しいくらいの強風でした。

19時7分撮影。まだ明るいですね。

初めての磯は、駐車場から1キロほど歩いたところにあります。海藻があり、良い感じでしたが、潮の流れが速い・・・。ワンド状の場所が少なく、メバルには適していない場所のように感じました。それでも、暗くなれば釣れるかも、と思い1時間ほど全方向に投げまくりましたが、一度もアタリはありませんでした(T_T)。

場所を移動しようと思い、車に帰る途中、砂利浜に岩が張り出した場所があったので、そこを探ります。3投目で、足元の浅い場所でヒット!20センチ弱のメバルが釣れてくれました。

しかし、その後が続かず、この場所も諦めて数キロ離れた次の場所(漁港)へ移動しました。

漁港では、堤防の付け根の海藻の多い場所をフロート仕掛けで探っていきます。この頃から風がかなり強くなり、ラインが風に引っ張られるような状況に。

アタリも無く、諦めかけていた時に、沖の方でヒット!21センチくらいのメバルが釣れてくれました。しかし、ここでも後が続かず。結局、この漁港でも1時間ほどで1匹のみの釣果でした。常夜灯の下はオキタナゴ(クチボソタナゴ)しか泳いでいませんでした。

フロート仕掛け、ワームはビームスティック2.2インチでした。
水温は17.5度ありました。メバルには高過ぎるのかな。

海水温が上がり、そろそろマゴチやスズキも気になります。楽しい季節になりましたね。

女川町2か所でメバル釣り

おはようございます、ogaです。昨日(2021年5月17日(月))、女川町へメバル釣りへ行って来ました。気温18度(終了時16度)、中潮、表層水温は16度でした。

途中、石巻の釣具店でナマズ用のトップウォータープラグを一つ購入。少し時間があったので、シーバスのポイントとして有名(?)な真野川と北上川の合流点へ行ってみました。旧北上川は中瀬でしか釣りをしたことがありませんが、この場所は小魚がたくさんいて、良さそうなポイントでした。

続いて、近くの水路へ。曇り空なので可能性はあるかな、と思い1時間ほどナマズをルアーで狙ってみましたが、一度もアタックはありませんでした。明るい時間にトップウォーター(水面)のルアーは無理でしたね(^-^; コイはたくさん見えたのですが。

小雨が降り、雰囲気は悪くなかったのですが・・・。

18時頃、漁港に到着。明るいうちは水深3〜5メートルくらいの深場を探りますが、アタリがまったくありません。

虹が見えました。釣り人は私の他にはいませんでした。

長い堤防、短い堤防、常夜灯の下、すべてダメ。暗くなってからはフロート仕掛けにチェンジしましたが、最後までアタリがありませんでした。ずっと一緒にくっついてきてくれた猫ちゃんに良いところを見せられず(^-^;

20時くらいに、この漁港を諦めて次の漁港へ。20時30分過ぎに二つ目の漁港に到着。一人いた釣り人は、ちょうど帰る所でした。お話しを聞くと、今日は(メバルの)アタリがまったく無い、との事。風も強くなってきましたが、常夜灯の下にはウミタナゴが見えたので、ここで釣ることにしました。

水温は16度でした。

15分ほどして、遠投したフロート仕掛けにやっと本日最初のアタリ。久しぶりの強い引きでグッドコンディションのメバルが釣れてくれました(^^♪

すごく引きが強かったので24〜25センチくらいあるかと思ったのですが。

サイズを計ったところ22センチちょっと。でも素晴らしい魚でした。

周辺のポイントを何度も探りますが、この後アタリは無し。風も暴風になってきて、1時間ほどで終了しました。

女川まで行って、メバル 1匹 (T_T) でも、ボーズにならなくて良かった。メバルのライズが無く、難しい1日でした。

先日、ダイソーへ乾電池を買いに行ったら、マイクロメタルジグが売っていました。(知らなかったのは私だけ?) 確か、3gと5gがあり、遠投の利く5gを購入してみました。アシストフックが最初から付いていて、完成度は高そうです。

女川町メバル釣行

こんにちは、ogaです。昨日(2021年5月11日(火))、女川町の漁港へメバル釣りへ。気温15度(終了時11度)、大潮、北西の冷たい風、表層水温は11.1度でした。

18時に漁港着。18:15分頃から釣り開始です。明るいうちは、3.5gジグヘッドで底付近、海藻のまわりを探っていきますが、まったくアタリ無し。暗くなってもメバルのライズがまったくありません。山側から冷たい風が吹いていて水温を計ると11.1度。水温が下がり、魚の活性が低いようでした。

常夜灯下のポイント。イカは見えませんでした。

外洋側、漁港内を1時間半ほど探りましたがアタリ無し。常夜灯の下に小魚が泳いでいるので、車に積んであった延べ竿とサビキ仕掛けで狙ってみました。

泳いでいた魚は2種類。なかなか針がかりせず、底の方に沈めてやっと1匹。10センチちょっとのウミタナゴ(オキタナゴ)でした。

続いて表層を群れで泳いでいた魚がヒット!これはカタクチイワシでした。

魚はたくさん見えるのですが、食い気が無く、この2匹で終了。サビキをハゲ皮からピンク色に替えてもダメでした。

その後、再度メバルを堤防外側で狙いましたが、小さいアタリが一度あったのみ。22時に納竿。他にメバル狙いの釣り人が二人いましたが、見る限りでは釣果は確認できませんでした。

冬もそうでしたが、北西の風、北風の日は風が冷たく、食い渋ることが多いように感じます。南風の日が快適で良いですね。