水道でシーバス釣り

こんばんは、ogaです。前回、N瀬川河口が濁りがひどく惨敗だったので、今日は北上川へ行くつもりでした。しかし、天気予報では局地的に大雨の恐れあり・・・。遠くまで行って雨で釣りができないのも嫌なので、比較的近い東松島市の有名ポイントへ行ってみました。

2021年7月12日(月)、気温は終了時22度、中潮(18:26頃満潮)。大潮の後の中潮、暗くなるころ満潮から下げになる潮まわりは、メバル釣りの経験ではかなり期待できます(^^)

釣り場に着く直前の18時頃、急に空が暗くなり大粒の雨が降ってきましたが、10分ほどで止みました。18時10分頃ポイントに到着。ゴミは少し流れていますが、川の河口からは少し離れているため濁りは少なく、透明度は1.5メートルくらいありました。

反対側で釣りました。

夕マヅメは曇り、水道の流れもあり、良い雰囲気だったのですが、アタリはありませんでした。ライズも無く、大きなダツ(80センチくらい)が1匹泳いでいるのが見えたのみ。

19時過ぎ、メバル釣りのお兄さんが来て、いろいろ釣り方を教えてもらうことができました。シーバスのサイズは50センチくらいまでが多いので、大きめのプラグより、軽めのジグヘッドとワームのほうが良いとのこと。アドバイス通りに対岸に渡り、10gのジグヘッドで「グラスミノーM」を教えてもらった所に投げると、2投目にヒット!これはエラ洗い一発でバレました(^-^; (来ると思っていなかったので、油断してアワセをしっかりとできませんでした。40センチくらいのシーバスでした。)

暗くなってくるとシーバスのボイル音、逃げる小魚が見えるようになり、1投ごとにアタリがあります。そしてヒット!橋げたに走られないように注意しながらファイトを楽しみ、抜き上げました(^^♪

19:45、1匹目! ジグヘッドは10gを使用しましたが、グラスミノーMの大きさだと5〜7gくらいがゆっくり引けて良いかもしれません。

大きさは37センチくらいですが、きれいなシーバスでした。アドバイスしてくれたお兄さんに大感謝です(^^♪

魚の活性が高そうだったので、今まで釣ったことのない「ローリングベイト」にルアーを交換します。水面下1〜2メートルくらいを早めに巻いてくると、アタリがありますが、なかなかのりません。15分後くらいにヒット!1匹目よりほんの少し小さい36センチくらいのシーバスでした。ローリングベイトで初めて釣れました(^^)

19:59、2匹目。ローリングベイトのレッドヘッドで。

その後も、ローリングベイトの大きいサイズ(99ミリ)、メガバスのミノー(ビジョン95)、アルデンテ95Sなどをライズしているところに投げますが、まったく無視・・・。ルアーの大きさや動きは予想以上に魚に見られている(選ばれている)ようでした。真っ暗ではなく、灯りがあるので、魚からルアーが良く見えるようです。

釣りたくなったので、「グラスミノーM」に戻します。流れが無くなり、ライズも無くなったので、少し深い場所を引いていると、橋げたの付近でヒット!橋げたにラインがすれて焦りましたが、魚が大きくないので何とか大丈夫でした(^-^; 41センチくらいの良いコンディションのシーバスでした。

20:29、3匹目。グラスミノーMで。

まだまだ釣れそうでしたが、ここでジグヘッドを根掛かりさせてしまい、PEとリーダーの結束部から切れてしまいました。ゲリラ豪雨に備えて、上下カッパを着ての釣りで汗だくだったので、ここで納竿。釣果は3匹でしたが、楽しい釣りができました。

ごみをたくさん回収しました(^^)

奥松島 大浜漁港3回目

2020年1月23日(木)、今日は小雨でしたが、夕方から宮戸島の大浜漁港へ。気温は3度、風は微風、表層水温は8度でした。(この前、室浜漁港では7.5度だったので、なぜか少しだけ暖かいようです)

17時に到着。釣り人の姿はありません。水は少し濁りがあり、不安になります。

いつもは水深1.5メートルくらいなので海底がはっきり見えるのですが、今日は濁りがあり見えません。

暗くなるまで港の奥の海藻周りを探ってみますが、アタリ無し・・・。冬はどうも暗くなるまでアタリが無いようです。

そして多少濁りのあるなかでも1匹が釣れてくれました(^^)

ちょっとピンボケですが(^-^;

その後も、足元、藻の周辺、テトラの周りでポツポツと釣れてくれました。濁りは関係なかったようです。

18センチくらいの少し良いサイズ(^^)
塩釜港より少し平均サイズが良いので楽しいです。

20時少し前に帰ろうと思い撮影。この時、15匹でした。

大きめ2匹を血抜きして、残りはリリース。血抜きしている間に周囲にキャストすると、3匹釣れました(+_+)  しかも最後の1匹は、22センチ!( ゚Д゚)

少し痩せていましたが、うれしいサイズ。産卵後なのかな?

17時から20時まで、最終的な本日の釣果はメバル 18匹でした。今までこの季節に釣りをすることは無かったんですが、けっこう釣れてくれて驚きました(^^♪

一般的に「メバル」と呼ばれる魚は、クロメバル、アカメバル、シロメバルの3種に分けられるそうです。3種の判別は胸鰭(むなびれ)の軟条数で見分けます。今日持ち帰った魚の軟条数を数えてみたところ、17本でした。胸鰭軟条はクロは16本、アカは15本、シロは17本の事が多いということなので、この魚はどうやらシロメバルのようです。

奥松島 大浜漁港2回目

少し夕方から風が強くなる予報でしたが、天気が良かったので奥松島の月浜漁港、大浜漁港にメバル狙いで出かけてみました。2020年1月16日(木)、気温は5度、表層水温は8.5度でした。

最初は月浜漁港。今日は工事をしていなかったので堤防に入ることができました。堤防の内側は新しいテトラを大量に敷いていて魚が住み着くには数年かかりそうな状態でした。外海側の古いテトラの上から少し投げて探ってみましたがアタリなし・・・(T_T) 20分ほどで月浜漁港はあきらめて隣りの大浜漁港に移動します。

月浜漁港。新しいテトラを敷く工事をしています。アイナメ狙いのおじさんがいましたが、釣れていない、とのことでした。

大浜漁港では17時から釣り開始。

堤防の際を落とし込みで探っていきますが、たまに小さなアタリがあるだけでヒットしません。だんだん風が強くなり寒くなってきました。長い堤防の先端まで探りましたがノーヒットのまま・・・(T_T)

もう一度戻りながら探っていると足元でヒット! 良い型のメバルがやっと釣れました(^^♪

20センチくらいのちょっと良い型でした。

その後、エサが無くなったのでワーム(ビームスティック)に交換し、すぐテトラの脇で2匹目。

しかし、後が続かず・・・。風も強くなってきたので終了しました。寒い中、我慢して釣っていたので、19時か20時くらいだと思ってましたが、時間を見たら18時15分でした(^-^;

大浜漁港、17時から18時15分までの釣果は、メバル 2匹でした。それでも良い型のメバルが釣れてくれたので奥松島はやはり良いところですね(^^♪