鳴瀬川河口と東名運河のハゼ釣り

10月1日(火)16時から18時まで東名運河へハゼ釣りに行ってきました。ここも初めての釣り場です。

東名運河と鳴瀬川の合流する水門では3人の釣り人がルアーでシーバスを狙っていました。

足場は良いのですが、上流まで岸辺には石が入っています。

水門の少し上で釣り開始。5.6フィートのルアー竿にガン玉、1本針の仕掛けで10メールくらい投げて探っていきます。。岸辺にはダボハゼ、デキハゼがたくさん見えるものの大きなハゼは見えません。

一投目から小さなアタリはあるものの、エサだけが盗られ針掛かりしません。2投目は根掛かり・・・。そして、小さく鋭いアタリがあり・・・

クロダイの幼魚が釣れました。

また根掛かりした後、もう1匹追加。

コイツを狙うなら、ウキ釣りで底付近を流したほうが根掛かりが少なく良さそうです。

そして重い引きで上がってきたのは・・・

フグでした(T_T)。河口にもいるのね・・・

根掛かりとエサ盗りのフグが多い上に、本命のマハゼが釣れないため移動します。500メートルくらい移動し、東名運河に来ました。

ここでは根掛かりは無し。アタリは少ないもののついに・・・

18センチほどのマハゼが釣れました。

その後も数投に一度くらいしかアタリはないものの、ぽつぽつとハゼとクロダイの幼魚が釣れました。

夕方かなり暗くなった頃、少しだけ大きめのクロダイの幼魚が釣れました。

2時間でマハゼ 3匹、フグ 1匹、クロダイの幼魚 5匹の釣果でした。東名運河はすべて護岸されており、魚にはあまり住み良い環境ではなさそうです。鳴瀬川は対岸がアシ原だったので、今度はそちらでハゼを狙ってみたいと思います。

oga

投稿者: oga

宮城県在住の2児のパパです。食べることは大好きですが、酒は飲めません。2019年秋よりサラリーマンから個人事業主になりました。新鮮で価値のある情報をお届けできるようにがんばります(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です