旧北上川河口 朝釣行(3回目)

おはようございます、ogaです。2022年6月21日(火)、昨日に続いて連続釣行。気温19度(納竿時22度)、小潮(2:05干潮から7:00満潮までの上げ潮狙い)、快晴でした。

シーバスが釣りたかったので、最初にM野川水門の下流側に入ってみたのですがアタリ無し。(コイ科の魚(コイ、マルタウグイ、ニゴイ?)のライズ、モジリはたくさん見えました。)

M野川水門の下流、まったくアタリ無し。水深浅めでした。

ここを40分ほどで諦め、昨日と同じ場所へ。どうにか2匹だけ釣れました!(またマゴチです(^^))

右上に中瀬と漫画舘が見えます。
1匹目は、37センチくらい。静ヘッド14gとグラスミノーLで。ロスとしたとき、一番ガッカリしない組み合わせのひとつですね(^-^;
2匹目!
49センチでした。ルアーは、ダイソーVJ(ブルー)。
漂着ごみ、大漁です! 魚はリリースですが、こちらはキープしました(^-^;

この日(この時間)は、今一つだったようで、他に5人ほど釣り人はいましたが、確認できたのは、マゴチ1匹だけでした。

魚は持ち帰らず、ごみだけ持ち帰ったので、かみさんに怒られました。

石巻、小磯メバル

おはようございます、ogaです。昨日は、石巻市の小磯にメバル釣りへ。実は一昨日の夕方も、名取市のN川(^-^;にシーバス狙いで釣行したのですが、見事にアタリ無しのボーズでした。(初めて河口付近の左岸に入ってみたのですが、ライズも無く気配は無でした。)

鏡のような水面。なんにも釣れず・・・(T_T) もっと海側に入りたかったのですが。

今回は、さすがにボーズはないであろう小磯でのメバル釣り(フロート仕掛け)です。このために、少し長めの竿(ブルーカレント82)と、移動の時に竿を折らないようにセミハードのロッドケースを購入しました。

2022年6月11日(土)、気温18度(納竿時16度)、曇り(のち霧雨)、大潮前の中潮(19:15頃の干潮からの上げ潮狙い)。磯に到着すると、予想以上の海藻の絨毯。手前3メートルくらいは海藻だらけでした。心配していた濁りは無く、水温は15.7度くらい、皆シーバス釣りに行っているのか、先行者は居ませんでした。

1投目からヒットするも、速攻で藻に潜られます・・・。少し緩めて待っていると動き出すので何とかキャッチ。写真はないですが、22センチほどのメバルでした。

しかし、海藻の森に潜った魚が危険信号を出すのか、この後、しばらくの沈黙。少し離れた場所で、ワームを交換し、ようやく2匹目が釣れました!24センチくらいですが、水温が上がってきたので、なかなか強い引きで楽しいです(^^♪

ソードビームで。

ドラグはほとんど鳴らないくらいに調整して、魚が掛かるとゴリゴリ巻いてくるのですが、遠くで掛けているため、二匹に一匹は藻に巻かれてしまいます。この日は、流れ藻がとても多く、フロートを引くとすぐ引っ掛かり、なかなか釣りになりません。

この日は浅い掛かりが多く、飲まれたのは1匹だけでした。

それでもポツポツと体高のある良いサイズのメバルが釣れてくれました。引きが強いので、「これは自己記録(24.5センチ)更新、いったか―!」と何度も思ったのですが、サイズが伸びず、24センチ止まりでした。

20時半くらいから流れ藻は少なくなり、釣り易くなったのですが、今度はうねりがひどくなり、霧がでてきました。アタリも少なくなり、22時10分くらいに納竿。

19時から22時10分までの釣果は、メバル 13匹でした。20センチ以下は2匹のみ。昨年ほどではないですが、磯メバルも少しづつ良くなってきたようです。

旧北上川、中瀬付近シーバス釣行

こんにちは!ogaです。昨日(2022年5月30日(月))、旧北上川へ。旧北上川はポイントをあまり知らないため、明るいうちに石巻女川ICを降りて、下流域の有名な場所を何か所か回ってみました。

ひさしぶりに行く旧北上川は、護岸工事が進んでいて追波川(北上川)とは全然雰囲気が違いました。川岸をただコンクリートで固めるだけではなく、ちゃんと敷石?があるので、コンクリートのアクが抜ければ、ハゼやエビ、ゴカイ類や貝などにも(外敵から身を守り易く、流れも緩やかになり)生活しやすい良い環境になりそうです。(私は田舎育ちのため、人口建築物が少ない釣り場のほうが好きですが。)

石巻商業高校前。ワンドになっていてハイシーズンの夜釣りだとよさそうな雰囲気。下流に開北橋が見えます。
真野川水門。水門の上流、下流に駐車スペースがあり、入りやすいポイントです。下流の橋に水深3メートルと看板表示がありました。
中瀬の上流側。漫画舘が見えます。橋の灯りがあり、夜は明暗がはっきりします。
中瀬下流の左岸。20人くらい釣り人がいました。駐車場とトイレがすぐ近くにあり快適です。

18時頃中瀬下流の釣り場に到着。釣り人がたくさん居て釣りづらそうでしたが、釣れている人の釣り方を見ることができるので、ここで釣ることにしました。

気温16度(終了時13度)、大潮(21:10頃干潮)、濁りが強く透明度は1メートルくらいでした。

まわりの釣り人はバイブレーションの早引きとリフト&フォールが主流。2時間くらいの間に上流で1本(50センチくらい)、下流で1本(60センチくらい)キャッチするのを確認できました。私はというと、ダイソーのバイブレーションジグヘッド+青ワームのフォール中に2度、小さなアタリがあったのみ(T_T) (根掛かりでダイソージグヘッドを2つ失いました。) 大潮の影響か、川の流れが速く、たくさんいた釣り人も暗くなるころには半分以下になっていました。

暗くなってからはマニックやニョロニョロ、スイッチヒッター、エリア10など、表層を攻めることができるルアーも投げてみましたが、ボイルも無くアタリはありませんでした。(大河川の大潮の潮まわりは、流れが速いので難しいですね。)

結局、旧北上川は3時間粘りましたがボーズでした。このままでは疲れだけが残る釣行になるので、帰宅途中に寄り道。こちらは好調で、1時間で8匹ほどセイゴサイズ(最大で40センチほど)を釣ることができました。

水温が上がってきたので、引きが強くなりました!
テールがちぎれても関係なく釣れてきます(^^)
スイングインパクトは釣れますが、素材が柔らかいのですぐ壊れます。

カタクチイワシを追っているようでした。50センチくらいのダツや25センチくらいのサバも見えましたがヒットせず。

小型のみでしたが満足し、足取り軽く帰宅することができました。