追波川ハゼ釣り・・・撃沈!

こんばんは、ogaです。今日は追波川(北上川)までハゼ釣りへ。

テトラの隙間を狙いましたが、なかなかうまくいかず、全然釣れませんでした。魚(ハゼ)は居るのですが、仕掛けを投入できるテトラの隙間が、この場所は少ない・・・。もう少し上流の右岸か、下流の左岸のテトラ帯のほうが良さそうでした。

テトラの隙間から数匹釣ったところで雨が・・・。橋の下で雨宿りしながら釣り続けましたが、濁りが入ってきてアタリが少なくなり移動を決意。

下流左岸の水門がある所に行きましたが、こちらもアタリは少なく、暗暗くなってきたので、シーバス狙いに変更します。

マハゼ5匹、チチブ1匹・・・(T_T)  これでは持ち帰って天ぷらにできません。リリースしました。
夕マヅメは下流左岸でシーバスを狙いましたが、ボイル無し、アタリ無しの1時間でした(T_T)

時折ウグイ?らしき小さなライズはありますが、シーバスの捕食音は一度も聞こえず。アタリもありませんでした。

追波川シーバス連続釣行

こんばんは、ogaです。2021年11月7日(日)、シーバスシーズンも残りわずかですね。今日も夕方、バチ抜けに期待して追波川(北上川)へ行って来ました。

今日は、海から10キロほど上流にある福地地区に入ってみました。アシ原が広がり、釣り人の車が昨日たくさん停まっていた場所です。気温は19時の終了時に11度、風は微風、中潮1日目(16時前後に満潮からの下げ潮狙い)、登米観測所データで、水温13.9度、濁度3.0度でした。

福地閘門の上流側。1時間ほど釣りましたがアタリ無し・・・。ライズと跳ねはありましたが、シーバスではないような。周りの人のヒットも確認できませんでした。

最初の場所で1時間ほどキャストしますが、アタリ無し。周りにも5人ほど釣り人がいましたが、誰もヒットしていない様子でした。人が多く、あまり動いて釣りができる状況にはないため、場所の移動を決意。10キロほど下流に移動しました。

移動を終え、17時45分頃から釣り再開。水面を照らすと3センチくらいのクルクルバチはたくさん集まってきます。付近では小さい魚のライズがありますが、シーバスの捕食音は無し。マニック95、にょろにょろ85、にょろにょろ105、にょろにょろ125とルアーを変えていきますがアタリはありません。

18時10分頃、アシ際の水深の浅いところでアルデンテ95sにヒット!コンディションの良い体高のある魚が釣れてくれました。

18:15 いつもの「アルデンテ95S」で。前日、取り込み寸前でバラしたサイズが釣れました(^^♪
62センチくらい。太った元気な魚でした。

その後、魚の気配が無いため、ボーズ逃れポイントへ移動。ここで小さいサイズですが1匹追加できました。(にょろにょろ125ではアタリが無く、サイズを落としたアルデンテで釣れました。)

18:37 2匹目は35センチくらいの小型。いつものボーズ逃れポイントで釣れました。

ここまで2回のアタリで魚が2匹。アタリがほとんど無いため、19時に納竿。早めに移動し、何とか2匹釣ることはできましたが、バチ抜けの爆釣を期待していただけに、少し残念な結果となりました。

追波川シーバス、クルクルバチ!

こんばんは、ogaです。2021年11月6日(土)、夕方から追波川(北上川)へ。気温13度(終了時10度)、大潮(15:30頃満潮からの下げ潮)、登米観測所データで水温14.2度、濁度3.0度でした。

明るい16時半くらいから20時までがんばって、キャッチできたのはセイゴサイズのシーバス2匹のみ。大きいサイズのバチ抜けは見ることができませんでした。

バチが見える時間に1匹60センチ弱の良いサイズが「にょろにょろ105」に掛かりましたが、浅瀬でバシャバシャ暴れたときにバラシ・・・(T_T)

バチ抜けが終わり、ボーズ逃れの遠投ポイントで何とか2匹だけ釣ることができました。(このポイントでは、他にも小型と思われるアタリが2回ありました。)

クルクルバチというヤツですか。
「にょろにょろ125」を使い、1匹目。砂まみれです。
1匹目 37センチくらい。
2匹目 35センチくらい。
3匹目? マゴチの赤ちゃん? にょろにょろ125に掛かりました。

マニックも1時間くらい投げましたが、アタリはありませんでした。今回もシーバスの捕食音はほとんど聞こえず、厳しい釣行でした。