北上川シーバス釣り

こんにちは、ogaです。昨日(2021年7月21日(水))、夕方から北上川へ。水温が高そうだったので、河口ではなく、河口から10㎞弱上流の水門がある場所へ行ってみました。中潮(18:56ころからゆるやかな上げ潮)、気温は終了時25度、風は微風でした。(登米観測所の数値では水温29.3度(高い!)、濁度8.0度でした。)

19時前に現地着。先行者無しで、一番入りたかったポイントに無事入れました。準備を終え、19:20ころから釣り開始です。

開始から5投目くらいで、岸から30メートルくらいの沖でヒット!幸先よく1匹目が釣れてくれました(^^♪

ヒットルアーは、ジャクソンの「にょろにょろ」です。

サイズは、55センチくらい。太っていて、きれいなシーバスでした。昨年、この場所で根掛かりで無くして以来、久しぶりの「にょろにょろ」投入でしたが、すぐ結果が出てくれました(^^♪

その後の2投も小さいながら2回アタリがあり、「この感じだと、今日は爆釣か?」と思いましたが、そう甘くはなく・・・。色々、ルアーを替えましたが、1時間アタリ無し。この付近にシーバスが少ないような感じで、ボイル音(捕食音)も数回聞こえたのみでした。

岸際の浅いところでようやく2匹目がヒット!ほとんど手応えなく、25センチほどのかわいいサイズのシーバスでした。これも新しく入手した(中古)にょろにょろでした。

岸辺にはスジエビやテナガエビがたくさん居ました。

真ん中に大きなオスのテナガエビがいるのが見えますか?
スジエビだらけ。

浅瀬でウロウロしているテナガエビがいたので、素手で捕まえることができました。エビ網などを使えばたくさん採れそうですね。アタリが無くなり、魚の気配も無いので22時30分に納竿。

新しい戦力として、ラッキークラフトのシンキングペンシル「ワンダー80」、ジャクソンの「にょろにょろ105」を購入。「にょろにょろ」はオークションで5本 1,500円でした!(中古、針なし、半額クーポン使用で(^-^;)

「にょろにょろ」は5本のうち、105サイズは2本。フックは、ダイソーの8号サイズを装着しました。(正規サイズは、10号ですが、ダイソーフックは若干軽いようなので、8号でも問題なさそうです。)
「アルデンテ95S」と大きさを比較すると、こんな感じです。

今回、「ワンダー80」は釣果がありませんでしたが、動きは良いので今後に期待です(^^♪ 残り3本のフックの無い「にょろにょろ」は、シングルフック仕様にしてみたいと思っています。

北上川河口シーバス、どうにか粘って・・・

こんにちは、ogaです。昨日は、夕方から北上川(追波川)河口へ。2021年7月15日(木)、中潮(19:55頃満潮)、気温23度(終了時22度)、登米観測所のデータで水温23度、濁度15度でした。18:45から釣り開始です。

右岸到着時に釣り人はいませんでした。反対側には5人ほど。明るいうちは、バイブレーション、メタルジグなどを遠投して広範囲を探りますが、反応なし・・・。暗くなってきても、サバの回遊もほとんどありません。後から4名ほど釣り人が来ましたが、海近くで釣っていた方が小さい青物を1匹釣り上げたのを確認できただけでした。

このままではボーズ・・・。釣り場写真しか撮っていないし。という事で、ルアーに掛かってしまった小魚を撮影(^-^; 正体はハク(ボラの稚魚。10センチ以上になると「イナッコ」と呼ぶらしいです。)でした。岸辺に群れていましたが、シーバスに襲われている気配はありませんでした。

下げ潮が緩くなってきた12時頃、シーバスらしきボイルが少しづつ増えてきました。「アルデンテ95S」で、2回ヒットするも2回ともバラシ・・・(T_T) そして12:30、3度目のヒットで、やっと取り込みに成功しました!水深1メートルくらいの浅瀬で掛けたので、すぐエラ洗いして、やり取りを楽しめました(^^♪

銀ピカで、よく太ったシーバスでした。シマノの10.8フィートの竿とダイワの2506番のリールという、いろいろアンバランスな組み合わせ・・・(^-^;
アルデンテ95Sは、軽いのに非常に飛びます。バチ抜け時用のルアーですが、関係なく使用しています。使用時間に対するヒット率では、私にとって(今のところ)一番のルアーです(^^)

サイズは57センチくらいでした。北上川は、水道に比べてサイズが大きいですね。砂をやさしくとってリリースしました。

この後、13時半までがんばりましたが、この1匹で終了。7時間!で3ヒット、1キャッチでした(^-^; 深夜の岸近くの浅瀬には、ハク、マハゼ、エビ、カニがたくさんいます。この豊かな自然を大切にしたいですね(^^)

北上川、シーバスのはずが・・・

おはようございます、ogaです。今朝は、2時半!に起きて北上川へ。ポイントには4時くらいに到着しましたが、車が6台もいました( ゚Д゚) 下げ潮を狙ったら、この時間になってしまいました(^-^;

2021年7月6日(火)、晴れ、気温20度(終了時28℃!)、中潮(7:15干潮)、風はだんだん強くなり、7時頃には4〜5メートルくらい吹いていました。

日の出直前。午前4時5分くらいで、この明るさです。

うす暗い時間帯でのボイルを期待していたのですが、すぐ明るくなってしまいました。人も多く、風も横から吹いていたのでフローティングミノー(コモモ)は早々に諦め、バイブレーションやオフベイトなど比較的遠投できるルアーで沖のほうを狙います。

下げ潮で、今までここに来た中では一番流れが速く、ルアーがすぐ川下に流されてしまいます。周りの方は、ほとんどバイブレーションを使用しているようでした。

全然遠くへ投げられないので、メタルジグに交換。釣り開始から40分、ようやくヒット!重いだけで、最後まであまり引かず、何だろう?と思っていたら、大きなシマフグでした(^-^; (ちゃんと口にハリが掛かっていました。)

シマフグ。毒(テトロドトキシン)が有るのでリリース。35センチくらいありました(^^♪ リールに砂が付くのが嫌なので、今回からリールの下にタオルを敷き撮影 (^^)

シマフグをリリースして、次の一投でまたヒット!今度も引きは強くありませんでしたが、少し走ります。30センチちょっとくらいのマサバでした(^^)

その後はアタリが無く、30分後くらいに1匹バラシ・・・(たぶんサバだと思います)。周りの方は、見える範囲で、50〜60センチのシーバスが3本上がっていました。(見える範囲の釣り人は7人)

日が高くなり、諦めかけていた6時50分頃に、50メートルほどの沖でヒット!引きは強かったのですが、ちょっと大きめの36センチくらいのサバでした。

丸々としたサバ。クーラーボックスを持って来ていなかったので、この後すぐリリースしました。

この後、何もなく、7時45分頃納竿。本命のシーバスは釣れず、本日の釣果は、シマフグとマサバ 2匹でした。バイブレーションルアーの苦手意識は、今回も克服できませんでした・・・(T_T)